雑感~無制限買取り...

注目されたECB理事会では、
1-3年国債中心に、金額無制限の買取りと出た。
ESMへの支援要請、財政再建政策の遵守など
条件は付くが、かなり強力な内容。

ECBの中では1人が反対したということで、
これは以前から批判的だった独代表に違いない。
財政再建政策遵守や、構造改革後退を許さない
枠組みは、このあたりを考慮したもの。

これを受けて、スペイン国債は利回り急低下。
10年国債は6%へ。欧州株は軒並み急騰。
NYダウ+245、ドル円79円、ユーロ円は99円後半へ。

目先は、南欧国債の安定推移が見込まれるが、
財政緊縮策の緩和交渉を予定しているギリシャは、
買取が認められるのだろうか?
「サボれば買取を停止!」に該当しない程度の
後退しか許されないとすれば、効果も限定的か。

日経も8850円程度に急上昇したが、
円安にもかかわらず、反応は+2%程度と今一つ。
8月の9250円時よりも、欧州情勢は好転したが、
あの時程の、大口の先物需要はないようだ。

本日は8870円をつけた後、売りに押される展開。
米雇用統計という、もう一つのイベント前で、
様子見気分も強そうだ。

強い数字であれば、QE3は遠のいたとしても、
ドル高、株高という日本株にとって、
願ってもない展開が待っている。

弱い数字であれば、QE3への期待から、
ドル安かつ米株は下値限定という展開か。
日本株は、再度8600-8800あたりのボックスへ。

しかし、どちらに転んでも、
9250円を一気に抜けるとは考えづらいのだが...
9000円台後半のCALLベアスプレッドは維持の方針。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2012-09-07 10:14 | 雑感
<< 雑感~底堅いと予想... 雑感~世界的に景気減速か... >>