人気ブログランキング |

雑感~2-3月の再来はあるのか......

週末の海外市場は上昇、NYダウは13000回復。
ギリシャ支援が近いとの見通しや、米年末商戦
が好調との見通しが背景にあるようだ。
木曜日のESに進んだ円安はやや一服。
先物CFDも9430円程度で終了している。

安倍総裁発言では、批判も出始めたことで
ややトーンダウンの方向となっている。
しかし、貿易赤字拡大や追加量的緩和への
期待が残ることで、円安方向が続いている。

果たして、今年2-3月と同じ展開になるかどうか、
ここでいくつかの指標を比較してみたい。

まず為替は81→82円は全く同様なのだが、
問題は長期金利差であり、当時米国10年債は
2%前後の水準から3月に2.4%程度まで上昇した。
これが円安を加速させ、日経は10000円に乗せた。

今回は、米10年債は1.6%台に留まる。
投機筋中心の円安の色合いも強いが、
財政の崖が解決し、年末商戦が好調であれば、
来年度の米景気拡大の期待が強まり、
現在の円安・株高の流れが年明けに加速、
大台回復も見えてくるのだろう。

しかし、米国、中国経済指標の好転を
見込む向きも多いのは事実だが、
米国にしても成長率は2%以下、
中国のGDP7%台も4割以上は公共投資という
やや危うい現状がある。

更には来月の衆院選挙の不透明感もあり、
上値を追うとしても、今年の2-3月と異なり、
一気に突き抜ける形にはならないと予想。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2012-11-26 08:10 | 雑感
<< 雑感~ギリシャ支援合意...... 雑感~貿易赤字の影響大...... >>