雑感~南欧株は大幅下落、米国株底堅い...

昨夜の米国市場は欧州市場の下落で
弱く始まったが、底堅い展開で持ち直し。
ダウ+0.07%、NAS+0.05%、SP-0.13%。
VIXは16.04%に小幅低下、TBは2.26%。
ドル円は107.80

週末に公表されたECBによる130行の検査で
南欧の銀行中心に25行が不合格となり、
その影響でイタリア-2.39%、スペイン-1.40%と下落。
一方で、南欧国債利回りは落ち着いている。

FOMC、日銀会合を控えており、
本日も様子見気分は強そうだ。
先週株価はは大きく戻ったものの、
半値戻し、窓埋めで上昇にも一服感あり。

大幅増収増益を発表したファナックの急落が話題。
株価は9月に増益を織り込む形で上昇したが、
来期の世界景気減速の懸念もあり昨日は-4.3%。
通期予想でも下半期は上期より若干の減益へ。
ただし社内レートはドル円103.85にとどまる。

ファナックがこれでは今後の決算発表でも
株価は売られるケースが多いかもしれない。
ポジティブサプライスは少なそうな印象。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-10-28 07:29 | 雑感
<< 雑感~南欧株は大幅下落、米国株... 雑感~米国株続伸、アップルは... >>