雑感~ECBがギリシャ国債の担保受入停止...

昨夜の米国市場は方向感のない動き。
引け際にECBがギリシャ国債の担保受入停止を発表、
ダウは高値から100ドル程度下げて終了した。

ダウ+0.04%、NAS-0.23%、S&P-0.39%。
WTIは再度50ドル割れ。TBは1.74%、VIXは18.33。
ドル円は117円台前半。

ギリシャ情勢は再び不透明に。
新政権の改正案は受け入れられる可能性薄く、
3月に資金が枯渇するとの見方もある。

先物は一時17700円台まで買われたが、
円高に振れたのを機に17500円台へ。
方向感が見出しにい上、個別では決算発表も続出、
ポジション取りが難しい。

週末の米雇用統計が注目されるが、
昨夜のADPを見ても、強力は数字は出そうにない。
当面は上値限定の方向か。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2015-02-05 09:19 | 雑感
<< 派遣トレーダー2015(5) 雑感~ギリシャ懸念が緩和。日独... >>