雑感~米雇用統計悪化も底堅いか...

週末の米雇用統計は予想を大幅に下回った。
新規就業者数+12.6万人、失業率5.5%。
米国市場は休場だが、ドル円は118円台後半、
ES日経は19300円台まで下落。

利上げ延期は米国株にはプラスだが、
雇用統計が余りに悪すぎるという話も。
週明けの米国市場の反応が注目される。

本日は19300円割れの取引となったが、
米国の反応を見るまで動きづらい印象。
週末上昇した銘柄は売り先行か。

4/3発表の通貨先物非金融機関ポジションは
ドル円差引きは2.2万枚のドル買いまで縮小。
2012年10月以来の低い水準である。

ファンド勢の5月末前の利食いで、
ドル高トレンドも終了に近いのか...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2015-04-06 09:11 | 雑感
<< 雑感~堅調の裏に投信、日銀ET... トレーダー事件簿(1)大塚家具... >>