雑感~米GDP下振れも、10年債利回り上昇...

昨夜の米国市場はGDP下振れで下落。
ダウ-0.41%、NAS-0.62%、S&P-0.37%。
TBは2.00%、ドル円は119円付近。
WTI=58ドル台へ、VIX=13.39%。

米1-3月GDPは予想以下となり、
一時的に株価が下落したものの、
FOMCでは景況感の弱さが指摘され、
利上げは先延ばしとの観測も。

しかし原油価格反転で再び
インフレ圧力が強まるとの見方も根強く
少なくとも12月には利上げか。
NYダウは引けにかけ方向感のない動き。

本日は日銀政策決定会合が開かれる。
動きなしとの観測が大勢であるが、
追加緩和を見込んでいた一部短期筋の
失望売りには要注意か。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2015-04-30 08:42 | 雑感
<< トレーダー事件簿(3) 雑感~ギリシャ楽観ムードも... >>