雑感~米株売り優勢。ギリシャ懸念継続...

米国市場は小幅の反落、
ダウ-0.47%、NAS-0.19%、S&P-0.52%。
TBは2.26%、ドル円は120円前後。
WTI=59ドル台、VIX=13.85%。

米株は買い戻し一服で売り優勢。
週末は売り手があわてて買い戻した印象で、
新規資金が入ったわけでもなさそう。

ギリシャが相変わらず不安定。
12日の国債償還は大丈夫らしいが、
今後夏に掛けての国債償還が目白押し。

離脱やデフォルトを織込済みとの見方もあるが、
株価アテネ指数を見る限りでは、
今年の安値より約2割高いレベルで、
どちらかというと楽観ムードが優勢だ。

しかし、資金繰りに行き詰まるとして、
その時期は少し先で、月内にデフォルトが
決定するという訳ではない。

日本株を見ると決算好感は一部に限られ、
シャープや東芝等、不安のある銘柄も多い。
トヨタも売り優勢。2万円突破は
ギリシャ問題が決着した後か。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2015-05-12 10:00 | 雑感
<< 雑感~米株続落、日本株も上値重... 雑感~米雇用統計で株価急上昇... >>