雑感~call側IV急低下...

昨夜の欧米主要市場は休場。
南欧株はギリシャ懸念もあり大幅下落。
仏-0.5%、伊・スペインは-2%。
ドル円は121.50-60。

ギリシャ報道官によれば、
早期に合意し流動性を確保しないと、
6月内にIMFする資金がないとのこと。
南欧株は反応したが、ES日経は反応せず。

weeklyOPの導入が影響したとも思えないが
昨日はcallのIV低下が顕著であった。
特に6Cの低下が目覚しいようだ。

戻り高値を更新し続けてはいるが、
背景に大きな買い材料も無く、
需給で押し上げている面が強い。

日中でも上昇が一服すると
すかさずcall利食いが優勢となる。
6C210周辺は14%まで落ちてきた。

次週に入ると米雇用統計やギリシャ問題が
クローズアップされてくるので、
このレベルは長くは続かないはず...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2015-05-26 06:09 | 雑感
<< 雑感~ドル円123円も海外情勢... 雑感~ECB緩和強化で世界的株... >>