<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

雑感~米追加緩和観測

雑感~米追加緩和観測

米国市場は小幅続伸。FOMC議事録が発表されたが、
読んだ限りは先行きに対する危機感は相当なもので、
事態が悪化すれば、確実に対策を打ちそうな内容。
目先は、悪い経済指標が予想されるものの、
売り手の方が、神経質にならざるを得ない。

欧州市場では、先日の米国大幅上昇を好感するかと思われたが、
好反応は寄付きだけで、株式、ユーロ共に上値が抑えられた。
ギリシャの銀行合併程度では、問題解決には程遠いか。

南欧の事情については、悪材料が一気に払拭される可能性はない。
各国の経済指標は徐々に悪化することが予想され、
やはり、年内に波乱が避けられない。

本日も小動きとなっているが、
週末にかけての米国指標、ISM製造業景況指数、ADP、
そして金曜日の雇用統計を睨んで動きづらい。
レンジ狭いが、IV低下には限度がありそう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-31 09:36 | 雑感

雑感~目先は下値不安やや後退も...

雑感~目先は下値不安やや後退も...

米国市場は大幅続伸。8月消費支出が予想以上であったことや、
ハリケーン被害が予想ほどでなかったこと、ギリシャ2行合併報道も好感したようだ。
ギリシャ株は急騰、欧州銀行株も軒並み上昇することとなった。
しかし、上昇相場転換と考えるのは時期尚早で、
少なくとも製造業ISM、雇用統計は見る必要がある。

昨日こそ株価は上昇したが、欧米銀行のCDS上昇が懸念されている。
大手銀行でも軒並み2-3%であり、リーマンショック水準に近づいたと警告を鳴らす向きも。
米銀では、南欧の債権は少ないものの、住宅ローン延滞率上昇が重くのしかかっている。
バンカメの株価は、2009年2-3月の安値付近まで下落している。

担保差し入れや、民間銀行のヘアカット問題が議論を呼んでいるギリシャでは、
2年国債の利回りは40%台が続く。これは尋常ではなく、国家財政破綻のレベルで、
既に後始末の段階に入りつつあると認識する方が良い。
民間銀行の元本カットが多額に上る場合は、今以上の混乱は必至か。

日米の株価だけ見ていると、下落は一服との印象だが、
欧州の混乱の根は深く、秋以降に一段の混乱が起きる可能性は少なからずある。
本日も戻り相場となっているが、先を考えると上値追いには慎重にならざるを得ない。

比較的安全に行くならば、9750以上のカレンダー系、レシオ、ベアスプレッド。
個人的には、9月内に9500円を回復する可能性は、せいぜい2割程度。
年内に10000円を回復する可能性は、皆無に近いと見る。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-30 09:44 | 雑感

雑感~バーナンキの次は指標待ち

雑感~バーナンキの次は指標待ち

週末のバーナンキ講演では、直接QE3への言及なし。
しかし、追加緩和に含みを持たせた内容であり、
結局、大きなショートカバーを誘発することになった。

しかし、上昇トレンド転換には時期尚早。
今週は、先月相場急落の一因となった米ISM製造業景況指数、
更には、週末には米8月雇用統計も控えており動きづらい。

また、次週には日銀政策決定会合も控えるため、
売り手も神経質にならざるを得ない。
米指標次第では、ドル円75円割れも視野に入りそうだが、
割れたところでは、日銀が前倒しで介入・追加緩和に踏み切る可能性もある。

週末のイベントを通過したことで、さすがにIVは低下。
しかし、今週は米国以外にも、ユーロ失業率、中国PMIと経済指標が続出。
剥げ落ちるにも限度がありそうだ。

本格的なIV低下は、PSR、VSが大幅に低下する9/12以降か。
証拠金が急減することで、売り屋が復活すると予想。
OP売り復活した証券会社も増えたことで、それなりに出て来るはず。
前週までに、レシオ系で外側売りを仕込んでおきたいが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-29 10:33 | 雑感

雑感~様子見気分強い

雑感~様子見気分強い

米国では、バーナンキ議長の講演を巡って様々な憶測を生んでいるが、
昨日までに相場が多少戻ったためか、警戒感のため売りに押されたようだ。
それでも寄り付きは、バフェットのバンカメへの出資報道から買われる場面もあった。

アップルのSジョブズ退任報道は、前々から噂も出ていたので、
さほど大きくは反応していない。競争力がやや落ちると見れば、
ライバル企業にはプラスであり、それらに見直し買いが入るのもうなづける。

本日は、8750中心の小動きとなっているが、
バーナンキがどう発言して、米国市場がどう動くかは予想が付きづらく、
やや上方向に分がありそうだが、ポジションを傾けたくはない。

あえて言えば、デルタややロング&外側putガンマ・ベガロング
&外側callガンマ・ベガショート、位が良さそうなのだが。
気になるのは、引続き欧米の金融株の動向。
南欧債務問題や、米景気の先行きには、ここを指標として見るのが良いかもしれない。

リーマンの時は、8-9月初旬は日本では比較的楽観視する向きが多かったが、
肝心の米国金融株は下落が続いていた。当事者に近いところが情報は正確ということか。
南欧問題、米国景気についても同様で、日系の情報に頼りすぎるのは良くないだろう。

話は変わるが、昨日の日経の夕刊に鳩山・菅の読んだ書籍の特集があった。
驚いたのは、鳩山前首相がブラックスワンを読んでいたこと。
元、米国の大学で学者をしていた工学博士なので、
確率統計にはそれなりに興味があるのだろうが、沖縄米軍基地についての発言からは、
物事を確率論的に考え、蓋然性を導き出すような人とは思えなかった。
もっとも、書籍の選択にはアドバイザーが付いていたようで、
実際は読まずに本棚に眠っていただけの可能性もあるのだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-26 10:37 | 雑感

雑感~金融株の不安

雑感~金融株の不安

米国株は続伸。7月耐久財受注が予想外の大幅な伸びで、
今夜から始まるバーナンキ議長の講演への期待も強い。
為替も77円台を回復、イベントを前にして短期筋のポジション調整だろう。

欧州株も反発したが、気になるのは金融セクターのCDSの上昇。
南欧ソブリン債、ユーロ圏景気悪化と悪材料には事欠かない。
今になってみれば、米国でも金融株下落は顕著である。

南欧財政不安、米国デフォルト懸念・格下げ、
米景気失速懸念と売り材料が続いたが、個別株を見ると、
実は、金融システム不安が最も懸念されているのではないか。

本日は、イベント前の売りポジ調整からか、
ドル円77円を好感したのか、先物はやけに底堅い印象。
しかし、昨日も朝方は高かったので油断は禁物か。

今日付のGSの目標株価の修正を見ると、ほとんどが下げられている。
特に、グローバル展開する企業ほど厳しい評価である。
セイコーE、ソニー、リコー、富士フィルムは2割以上も下げられた。

相場堅調とはいえ、イベント前でIVは高止まりか。
とはいえ、期待先行のような気がしなくもない。
9800円台回復で、callが一段と買い戻されるようだと、
レシオ系かカレンダー系で叩いておきたいのだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-25 10:01 | 雑感

雑感~難解だが...ややリスク払拭

雑感~難解だが...ややリスク払拭

米国株は大幅上昇。
中国・独の予想以上のPMIに加えて、空売り規制観測や、
バンカメの身売りの報道も出たようで、11000台を一気に回復した。
もちろん、バーナンキ議長の講演に対する期待も強いようだ。
VIXは、36%台まで大きく低下。

次週から反発局面に入るかは、5分5分といったところだろうが、
米経済指標、特に住宅関連の弱さや、株安による景況指数の低下も考えると、
戻りは限定的とならざるを得ない。
少なくとも9月初旬の雇用統計までは、安心できないか。

バーナンキの頭がおかしくならない限り、
市場に冷水を浴びせるような発言は有り得ない。
市場で、空売り規制への警戒感が出たのも大きく、
急落リスクは、やや低下したと考えて良いかも知れない。

相場が反発するとして、上値が限定される場合、
まず考えられるのは、IVの低下だろう。
安全に行くとしても、10000以上のcallレシオ、putカレンダー、
カバードcall等、色々ありそう。
要は、好みの問題だが...

昨日の日経に出ていた、GSの日本国債についての資料を入手。
今後の老齢人口増加と、預金取り崩しから推測すると、
さすがに銀行は日本国債を買い続けることはできず、
どこかで、海外投資家に頼ることは必至。
財政問題を先送りしてきたツケは、非常に大きいものになる。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-24 09:52 | 雑感

雑感~米国株もバーナンキ講演待ち

雑感~米国株もバーナンキ講演待ち

昨日ESでは、欧州株とダウ先の急上昇で先物も8750円以上に上昇。
しかし、米国株は結局売りに押され、上げ幅を大きく縮めて終了。
VIXも前日比僅かな低下にとどまり、まだまだ警戒感は強い。

週末のバーナンキ議長の講演には、世界中が注目している。
債務を増やせず、景気対策を打てなくなりつつある欧米政府は、
他力本願ながら、FRBによる流動性供給に期待するしかない。

札を刷ってマネーを供給する方法は、
通貨下落と共に強烈なインフレをもたらす副作用があり、
最も危険な政策の一つと言われるが、今の情勢で世界的な株安を止めるには、
昨年のQE2と同様、これしかないのも事実であろう。

QE3の条件としては、第一に物価の安定が上げられる。
その意味では、カダフィ失脚によるリビア情勢安定化で、
原油価格が低下するのは、歓迎されるには違いない。
しかし、WTI80ドル台は、まだ安いとは言えない。

昨日昼、本日寄り前と、介入かと思わせるようなドル買いあり。
市場は、材料に極めて神経質であり、
どちらかと言えば、売り手の警戒感の方が強そうだ。

バーナンキ講演までは、IVは高止まりだろう。
講演後、相場は確実にどちらかに動きそうだが、
やっかいなのは、下に振れた場合か。
その場合は、日銀も前倒しで動きそうなので、今以上に目が離せなくなる。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-23 09:43 | 雑感

雑感~下げ止まるか

雑感~下げ止まるか

週末の米国市場は、一時プラス圏まで戻ったが、
HPの悲観的見通しで同社株は2割の下落、指数も大幅下落で終了。
ただし、なんとか8/9の安値は切らずに持ちこたえた。
IVも小幅上昇に留まっている。

木曜日のバーナンキ講演に注目が集まっている。
市場を熟知しているので、欧州の要人のような不用意な発言をするはずがなく、
「インフレ払拭」などの条件が付きで、QE3に言及する公算が高い。
市場への配慮を欠いた発言は、一段の下落をもたらすことが確実。

また、政府・日銀への期待も高まっている。
追加の介入と量的緩和であるが、万一の際は9月始めの政策決定会合まで待たず、
前倒しで進めてくるのだろう。

それが怖いので、本日は買戻しが優勢の展開となった。
しかし、欧州市場への不安もあるので、介入でもない限り上値は限定。
上昇とはいえ、IVの低下も限定的か。

不安要素は残るが、米国ではQE2前のダウ10000、
日経は8000円台前半が下値目処と見たい。
このあたりまでくれば、政策発動も確実で、株価は一時的にV字回復だろう。
不安要素は、欧州金融機関の不安が米国金融システムに波及するケース。
欧州安定化基金の拡充等で、踏みとどまるとは思うのだが。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-22 10:06 | 雑感

雑感~再度のIV上昇

雑感~再度のIV上昇

昨夜の米国市場は、大きく下落した。
経済指標は全て悪化、失業保険申請数はさほどでもなかったが、
フィラデルフィア連銀景況指数が大きく落ち込み、
一部では、リセッション入りとの見方も出ているようだ。

欧州でも、独自動車株は10%近く下落している。
グローバル経済への懸念から、輸出株は総崩れで、
これは最近の日本株にも当てはまる。

では、相場の反発シナリオはないのか?
7-9決算発表には時間があるので、5-7月期、6-8月期の銘柄群だが、
今回は、先行きの見通しが問われるので、厳しいところか。

米国経済指標は、8月の株安からマインドは相当落ち込みそうで、
今月末からの8月分景況指数は、良いはずがない。
雇用情勢も急回復はありえず、指標面での回復は可能性が低い。
結局は、QE3、日銀介入・追加緩和、欧州安定化基金増額、
といった政策への期待しかないようだ。

昨日午前中まで剥げ落ちていたIVは、さすがに急反発といったところ。
VIXは再度の40%台乗せで、急落への警戒は続きそう。
先週もそうだったが、ESにかけて一段盛り上がる可能性もある。

一方、南欧国債利回り、米国国債利回りは低下傾向で、
ソブリンリスクは目先大丈夫だが、銀行間の貸借レートには注意が必要か。
空売り規制で一時買い戻されたが、欧州の銀行への懸念は消えていない。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-19 10:14 | 雑感

雑感~イメージ以上に膠着

雑感~イメージ以上に膠着

昨夜は、寄付きから米国株は上昇、
先物も一時10100円に達していたが、引きにかけて売りに押された。
DELLの売上見通し悪化が要因で、NASDAQは0.5%の下落。

本日の米系G社のレポートを読むと、
Fリテイリング以外の全銘柄が、目標株価の下方修正である。
日経1面の自動車のポジティブな記事とは全く対照的だ。

ソニーの株価は昨年春の半値近くまで落ちてきた。
円高に加えて、液晶TVの値崩れもひどいが、実は外部要因が重なってきたもの大きい。
円高、法人税、関税問題(韓国はEUとFTA発効)等、ほとんど全ての項目で、
日本メーカーは韓国勢より、圧倒的に不利な状態にある。

そうして近年、サムスン・LGの韓国メーカーにシェアを食われてきた。
残念ながら、今の政治情勢から、早急な改善は見込みが薄い。
しかも、節電や雇用でも企業側の負担が増加する傾向にある。
今後、日本勢が益々苦戦を強いられるのは、必至の情勢だろう。

本日もIV低下が続いている。
1週間前は機会の多かった9C、10Cレシオも良い所まで落ちてきた。
このあたりで決済して、次に備える方が良いかもしれない。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-08-18 10:46 | 雑感