<   2011年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

雑感~材料交錯、方向感なし...

雑感~材料交錯、方向感なし...

昨日ESでは、一時8500円に達する場面もあった。
ユーロ財務相会合、次週の首脳会議への期待と、
相次ぐ格下げや、イタリア国債の利回り(長短期いずれも7%超)への不安から、
欧州株は一進一退の展開。

一方、米国では消費者信頼感指数が56という予想外の好数値。
ケースシラー指数は予想以下となったが、年末に向けての消費は強そう。
世界が不安に包まれる中、米国だけは(目先は)やや明るいムードか。
雇用統計も+13万人程度と予想されている。

ユーロ財務相会合では、次回ギリシャ向け融資決定、IMF強化、
イタリアの財政目標達成の見通し発表など、特にサプライズはない。
NYダウ先は小幅安。為替は小幅円安。
昨日大きく買われたcallは、さすがに売り優勢となっている。
小幅安程度では、putの反応も鈍い。

日経の8400円付近は、手を出しづらいレベルではあるが、
次週にかけての、米指標やユーロ関連の材料には十分注意したい。
材料が出た場合、どちらにも振れやすいが、
どちらかといえば、一段のショートカバーに気をつけたい。

とはいえ、上値限定の見方は変わらない。
上昇の場合、IV低下と膠着相場入りが見えているので、
外側の期先callレシオが、最も適しているかもしれない。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-30 10:17 | 雑感

雑感~年明けのイタリア国債大量償還の不安...

雑感~年明けのイタリア国債大量償還の不安...

欧米市場は、昨日のES開始から更に一段高となった。
EFSF運用ルールが定まることで、特に欧州金融株の上昇が目覚しく、
BNPパリバ始め、10%以上の上昇が続出している。
米国では、年末商戦の序盤の売上が予想以上だったことで、
年末に向けての期待が大きく膨らんだ。

IMFイタリア支援、ユーロ共同債の話はガセネタのようだったが、
次週の12/9のユーロ首脳会議では、新しい財政規律の導入や財政統合の議論も出るようで、
(債務不安がこれで収まるかどうか別として)目先は買い戻し有利の展開か。
今週の米国重要指標で、予想以上の数値が続出するようだと、
8500円をクリアする可能性は十分ありそう。

日本の証券会社の資料では、早くも年末高のレポートが出始めた。
12/9ユーロ首脳会議を契機に、一時的に楽観論が台頭する可能性は確かにある。
しかし、イタリア国債償還スケジュールを見ると、
11月 149億ユーロ
12月 225
1月 156
2月 531
3月 434
4月 360
と、巨額の償還が待ち構えている。

イタリアの新政権は、学者・官僚中心の政権だが、
経済担当相はCDSが600以上の金融機関インテサ・サンパオロのCEOで、
巨額の金融救済→公的資金導入が計画されているようだ。

いずれ、財政規律を守りたい独との衝突は避けられず、
年明けの市場は再び混乱する可能性が高そうだ。
デルタロング&ガンマショート戦略は、年末までだろう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-29 10:48 | 雑感

雑感~真偽の程は...

雑感~真偽の程は...

欧州債務不安は、独国債入札の不人気という結果までもたらした。
国内のソブリンファンドは、独仏以外はほぼ売りつくしているようだ。
29日のユーロ財務相会合では、拡大されたEFSFの運用ルールが決まる見通しだが、
これだけでは解決にならないとの見方もある。

今朝は、IMFによるイタリア支援報道が飛び出した。
寄付きからショートカバーが殺到、8320円まで上昇してきた。
日本の債務懸念から円安に向かったことも、株式市場にはプラスか。

真偽の程は読めないが、IMFにしろ、EFSFにしろ、
中央銀行の国債買取にしろ、予想以上の規模でが出てきたら、
ショート筋の買戻しが優勢だろう。

今週は、ユーロ情勢に加えて、米国指標も注目される。
日欧が株安の中で、米国株は意外と堅調であり、
これは、指標がさほど悪くないこと、QE3期待が根強いことが背景。
ISM製造業、雇用統計の11月分がどう出るか、相場への影響は大きい。

VIX指数を見る限り、米国市場は9月ほどの緊迫感はなく、
8000円を割れても、IVが盛らないケースもありそう。
逆に好数値の場合、トレンドの反転とまで行かないにしても、
200円クラスのショートカバーには十分注意したい。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-28 10:57 | 雑感

雑感~状況改善せず...

雑感~状況改善せず...

昨夜は米国休場。
欧州株は最初こそ高かったが、引けにかけて崩れる場面もあった。
メルケル首相は相変わらず、共同債には慎重な発言。

イタリア10年債は7.1%、スペイン6.6%。
ベルギーは5.7%まで上昇してきた。
独2%、フランス3.5%は変わらず。

本日は、8100円台で一進一退か。
状況は改善せず、ユーロは昨日からジリ安。
ETF買いへの期待はあるが、あくまで下支えか。
本日もIVは盛り上がりそうにない。

保険会社のユーロ債売りが報道されているが、仕方のないところか。
この業界は横並びで、大手が売れば、雪崩を打って売ってくる。
それがイタリア、スペイン国債の利回り上昇や、ユーロ安にもつながる。

自分で自分の首を絞めるようなものだが、
運用成績が他より悪ければ、立場も危うくなるので、
サラリーマン運用者としては仕方ないところ。

しかし、じっくり時間をかけて会議した結果、
売り払ったところが最安値のケースは意外と多い。
それはそれで評価を下げてしまうのだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-25 09:06 | 雑感

雑感~また悪材料続出...

雑感~また悪材料続出...

祭日明けの本日は、先物で9月安値を割り込む水準となった。
デクシアの負担を巡る紛糾、独債入札不調、
ユーロ・中国の指標悪化、米金融機関へのストレステスト実施など、
売り材料も続出、欧米は連日の大幅下落となっている。

とはいえ、NYダウは9月安値10400より900程度上の水準で、
VIXも30台前半と、それほどの緊迫感もないようだ。
売り叩かれているフランス株も9月安値まで達しておらず、日本株が最も弱い。
7-9決算や、円高、オリンパス問題...をみると、
他国より日本株に積極投資しようとする投資家は、皆無に近いのだろう。

欧州債務問題では、ユーロ共同債を望む声が一段と高まってきた。
日経によれば、3つの方法が検討されているが、
肝心の独が消極的であり、実施へのハードルは高い。
更に一段の混乱がくれば、独も決断する可能性はありそう。

また、IMFによる1兆ドルの救済準備も出てきた。
独債入札でさえ不調になりつつあるので、危機感を持つ関係者も多い。
共同債、IMF支援の2つの実施が見えてくれば、状態の改善は期待できそうだが...

本日は、8100台にもかかわらずPUT外側は盛り上がらず。
理由は前述の通りで、米国ではさほどの危機感もないのだろう。
極端なイベントがない限り、まだレシオ優位の流れか...



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-24 10:29 | 雑感

雑感~悪材料続出も...

雑感~悪材料続出も...

米財政赤字削減についての超党派会議決裂、
ハンガリーによるIMF・EUへの財政支援要請、
フランス格下げ懸念、スペイン地銀の中央銀行管理下、
といった一連の悪材料で、欧米市場は大幅安となっている。

ESでは12月限で8220円までつけたようだが、本日は8300円まで回復。
ユーロ、NYダウ先がやや戻り歩調で、ETF買いへの期待もあり、
売り手の買戻しを誘発しているようだ。

このレベルでは、予想通りIVは盛らず。
8200円台は一度経験しているだけに、
新規の先物売りや、PUT買いが出る感じでもなさそう。

欧州情勢は依然不透明だが、
ギリシャはじめ南欧諸国の目先の資金繰りは大丈夫のようで、
独債とのスプレッド拡大は、ファンド系の債券入れ替えが主因と見たい。
需給の振れが一服すれば、不安定な株価はやや落ち着く可能性も。

2年前はドバイショックで11月後半に一時9000円まで下落した後、
日銀の動きもあって、一気に1000円以上の急反発となった。
今回は、7-9業績の影響もあり、急反発の期待は薄いが、
PBR=1のレベルは9000円程度で、大きな乖離も想定しづらい。
(突発的な悪材料が出ない限り)8000円台前半からの下落は限定的と見たい。
8500程度への反発は、常に想定しておきたいのだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-22 10:19 | 雑感

雑感~本日も安値もみあい...

雑感~本日も安値もみあい...

週末のNYダウは、上下に振れた末に小幅高で終了。
欧州は、イタリア、スペインが小幅高で、英、仏、独は小幅安。
ECBによる買い支えで、イタリア10年債は7%を割れている。
リスク回避ムードは依然として継続。

ユーロ情勢は依然不安定であり、本日は8300円台での小動き。
夕方の欧州株を見るまでは新規材料にも乏しく、動きは限定か。
8350円までつけてはいるが、IVは盛り上がらず。

週末のスペイン選挙では、大方の予想通り野党が勝ち、
政権交代が確実となった。ギリシャ、イタリアもそうだが、
状況悪化は、与党の責任という空気が強い。

しかし、いずれもリーマンショック後の景気対策として、
公共投資拡大、公務員増加といった大盤振る舞いを行い、
その結果として、債務が膨らんだのであり、
政権交代すれば、事態が好転する訳でもない。

ユーロに属する以上、勝手に通貨を印刷することはできず、
通貨安政策で、輸出を伸ばす方法も取れない。
国債が叩き売られて、利回りが急上昇しているので、
大規模な国債発行で、資金繰りを行うこともできない。

結局、ECBやIMFから融資を受けながら、財政を立て直すしかない。
あるいは、ユーロを脱退して、旧通貨を復活させ、
大量に札を印刷して、公共投資や公務員給与をばら撒く方法もあるが、
通貨暴落と輸入物価暴騰が見えているだけに、国の崩壊につながる可能性が高い。

いずれの新政権も、そんな事情が分かっているだけに、
緊縮財政を受け入れるしか道は無くなっている。
先行きは、低成長、高失業率...であるが、仕方がない。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-21 11:01 | 雑感

雑感~外部環境好転せず...

雑感~外部環境好転せず...

欧米市場は続落。
ECBの国債買い入れで、イタリア10年国債利回りは7%を割れたが、
スペイン国債利回りが6%後半まで上昇してきた。

スペインでは、今月の総選挙で政権交代が確実といわれ、
新政権では、財政赤字の見通しを上方修正し、
緊縮財政案を打ち出すといわれている。
その結果、景気減速が一段と進みそうである。

独メルケル首相の態度が明確になりつつある。
ECBの動きを牽制、政治主導による解決を主張しているが、
これは共同債発行や、国債買取増額に対する独国内の反対を表すもの。
既に、ギリシャを離脱させ、ユーロ加盟国を、
中核国とそれ以外に分離する計画も進めているらしい。

ハードランディングの可能性も出てきただけに、
市場にはリスク回避ムードが蔓延している。
TOPIXは700を割れそうで、リーマンショック後と311大震災以来の安値に並びそうである。

7-9決算の悪さからも、悲観的見方が大勢だろうが
証券会社のレポートでは、日経のダブルボトム後の上昇を期待する向きもある。
大多数の見方が偏ると、えてして逆に動く場合も多いが、
はたして読み通り反発するのだろうか...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-18 10:34 | 雑感

雑感~日本株人気なし...

雑感~日本株人気なし...

昨日ESでは、ECBによる国債買い(伊国債)があったようで、
一時的に欧州株上昇、ユーロ上昇、先物も8500円台に回復した。
ところが、独国債以外への売り圧力は相当強いようで、
終わってみれば、仏10年国債3.72%、スペイン10年6.38%まで上昇した。

フィッチのレポートでは、
欧州信用不安が米金融機関へ深刻な影響を与えるとのことで、
米金融株は、モルガンスタンレー8%など大きく下落している。

またメリルによるファンドマネージャーへの調査では、
日本株は、アンダーウエイトが増加しており、
世界の株式市場では、ユーロについでビリから2番目。

ちなみに上位人気は、1位新興国、2位米国...である。
かのバフェットも、以前はタブーだったハイテク株(IBM等)を買っている。
NYダウと日経の差が開いているのは、当然かもしれない。

本日は、8400円台を割りかける場面もあったが、
日銀買いの期待もあるのか、8440円を挟んだ動きとなっている。
ユーロ103円台、ダウ先物-20~30と反発する状況でもなく上は限定的か。

IVも昨日盛ったためか、今ひとつ上昇せず。
今夜海外が急落して、明日8300円を割り込めば、さすがに盛り上がるか。
このレベルでは、まだレンジ相場継続と考えたいのだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-17 10:55 | 雑感

雑感~伊、スペイン、仏、国債利回りは一段の上昇...

雑感~伊、スペイン、仏、国債利回りは一段の上昇...

昨日ESでは、南欧国債利回りは一段の上昇、
ユーロは売られ、欧州株も大きく続落していた。
日経先物は8500円割れ、ドル円も76円台まで入ったが...

結局、米国株は10月小売売上等の経済指標が好調で、
ダウはプラ転、NASDAQも1%以上の上昇となった。
下がるとの見込みが外れ、肩透かしを食らった参加者も多いだろう。

とはいえ、南欧国債利回りは不気味に上昇してきた。
10年国債では、仏3.68%(+0.27)、スペイン6.33%(+0.26)、伊7.10%(+0.43)と一段の上昇。
金融株もBNPパリバ-5.8%など、軒並み値を下げた。

巨大ファンドであるグローバル・ソブリン(国際投信)も、
日経の報道ではイタリア国債等は早々に処分して、
替わりに独国債やJGBを組み入れたようだ。
ファンド筋がこのように動けば、独国債とのスプレッドが一段と開き、
ユーロが売られるのも当然か。

一方で、米国株の相対的強さが目立つ。
これは、欧州の景気後退と米国の低成長から、
QE3実施の可能性が強くなったことが背景にある。
当初否定的であったFRBメンバーも、徐々にニュアンスを変えているようだ。

ユーロ信用不安とQE3、どちらに軍配が上がるか分からないが、
年内に決着が付く可能性は低いと見たい。
QE3の方が先に動くことはなさそうなので、
外側のcall売りは、安心感もありそうだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2011-11-16 09:48 | 雑感