<   2012年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

第15章「南欧の混乱再び(3)」

日銀政策決定会合、ギリシャ選挙、FOMC、ユーロ・EU財務省会合
と続いたイベントは、結局大した変動もなく終わった。
ギリシャ選挙前盛り上がったIVも大きく低下、
callは2/14以前の17%程度まで落ちている。
「結局、振り出しに戻っただけか...」
しかし、2月と異なるのは、
①日銀が動くようになったこと、
②米中の景気減速懸念、
③欧州情勢の変化、
④企業業績見通しがやや明るいこと(為替変動あるが)、
であり、今後も材料に振られる展開には変わりない。
ただし、欧州では仏選挙の結果、
成長にも配慮した政策への調整につながり、
縮小均衡路線が避けられそうな予感はある。
日経平均のPBRは1以下で、BPS(1株当り純資産)は9300円程度だ。
人気のない日本株だが、実はBPSは徐々に上昇しており、
BPS以下となるのはリーマンショック後と、昨年後半と今回位しかない。
好材料が出るなら、一気に9000円台後半まで
突き抜ける可能性も、考える方が良いのだろう。
しかし、目先は米中景気見通しの悪さや南欧問題の不透明さから、
今年の夏場はせいぜい9000円台前半までと見ている。
更に消費税増税が企業業績に与える影響もありそうで、
日本株が外国株より、大きくアウトパフォームする可能性は低そうだ。

その日本株だが、水曜日の午後あたりから、
先物買いが断続的に入り、これと言った材料の無い中で、
スルスルと8800円台後半まで上昇してきた。
「月末のドレッシングだな...」
6月末は半期毎の評価に該当するファンドも多く、
対ベンチマークで微妙に負けていれば、
残りのキャッシュを使って上値を買いに来る。
日本株で言えばベンチマークのTOPIXに比べて勝つか負けるかで、
ファンドの評価がガラリと変わり、場合によっては資産を引き上げられ、
ファンドマネージャーの首が飛ぶ可能性もあるわけだ。
そのため、極端な言い方をすると、月末の株価は
立場のかかった真剣勝負(残金で買い上がるだけだが)となる。
大館から電話があった。
「イベントが無事終了したけど、IVは思いっきり落ちたねえ。
 今は、取りたいポジションは残ってないよ。」
「そうだな。せいぜい6/18の寄付きで、組めたかどうかで決まったな。」
「こんなIVでPUTを売るようじゃ、どうしようもないしね。」
「9000円前後で膠着すると見て、7C900売りのカレンダー系か...」
「そうだね。米国株は13000を突き抜けそうにもないし、
今の状況でドル円が85円を目指すとも考えられない。」
「7月の追加緩和を織り込んで、9250円まで見ておくか。」

仲原の予想したとおり、日経平均は木曜日も予想以上の強さで、
特に買い材料もないまま、8900円近くまで上がってきた。
先週以降、低下傾向の続いたIVもさすがに上昇、
特にcall側の買戻しが先行したようだ。
ESで買い材料が出れば「一気に9000円まで行くのか...」と思われたが、
欧州時間にいきなりユーロ円が98円台に急落、
ネガティブ材料の出たバークレイズが暴落した。
首脳会議も、財政統合までは全く見えず、
市場にポジティブな材料は出そうにない。
「欧州は、まだまだ不安定だな...」
しかし、昨年からのユーロ圏国債利回りを眺めると、
イタリア、スペインは利回りが大きく上昇しているが、
他はポルトガルも含めて低下している。
以下は、10年国債利回りの比較。
国名 6/28 1年前
ドイツ 1.51 2.94%
フィンランド1.87 3.16
オランダ 2.06 3.27
オーストリア 2.38 3.44
フランス 2.66 3.34
ベルギー 3.11 4.19
イタリア 6.17 4.92
スペイン 6.90 5.61
ポルトガル9.88 12.39

こうして見ると、金融機関やファンド勢による
国債間の売り買いのトレーディングに過ぎないとも思う。
独国債も1.5%まで落ちてきたが、ユーロでの資金運用となると
消去法で独国債になるので仕方がない。
年初だったか、欧州系ファンド運用者のコメントを読んだことがある。
「ユーロは破綻して、独国債も暴落してしまう!」
しかし、ECBによるQE2以上の規模ともいえる資金供給オペで、
国債価格は上昇(利回りは低下)することになった。
米国もそうだが、中央銀行が紙幣を大量に発行して、
自国の国債を買い続けることは、通貨暴落の危険性はあるものの、
そこさえクリアできれば、緊縮財政政策より格段の効果がある。
金融恐慌専門家のバーナンキには、至極当然の理屈なのだが、
日本の財務省、日銀は二の足を踏んでいる。
彼らも本当はやりたくないのだろうが、
米国・ユーロがいずれも大量の資金供給を実施する以上、
需給の面から円高となるのは確実なので、
やむなく国債買い金額を増やし続けているのだろう。
相場は、昨夜の円高と欧米市場下落で8800円を割り込んだものの、
本日は買い材料がないにもかかわらず、再度8850円まで上昇してきた。
「ドレッシングに過ぎないのだろうが...」
次週は、9000円越えがあるのだろうか。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-29 10:54 | オプション小説

雑感~ドレッシング的な上昇...

昨日は南欧株が大きく反発、
EU首脳会議への期待は薄いものの、
米経済指標の好数値から一段高。
一方、南欧国債利回りは小幅の上昇。

米国指標では、中古住宅販売と耐久財受注が
予想以上の結果となった。
依然として、先行きの見通しは不透明ながら、
6月の雇用統計が予想以上であれば、
楽観的な見通しが台頭するかもしれない。

その後は、4-6月期企業業績に注目が集まる。
日本企業では、輸出企業の欧州部門がやや不安も、
総じて堅調な内容か。特に内需系には期待も。

6月末は、株価を気にするファンドも多く、
ドレッシングへの期待は強そう。
昨日午後、本日もそれっぽい上昇。
明日も期待できるか...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-28 10:36 | 雑感

雑感~依然、方向感なし...

昨日の欧州株は下落、南欧国債利回りも徐々に上昇。
米国は、消費者信頼感指数がやけに弱かったが、
ケースシラー指数が反発したので住宅系に買い。
ダウはプラスの引け。VIXも低下した。

メルケルの言動を見ていると、
EU首脳会議での抜本的な解決は不可能か。
まだまだ程遠いと見たい。
為替市場もそれを見越してか円高の方向。
ユーロは再度弱くなりつつある。

IVは、call側の剥げ落ちがひどく、
ここからcallを売る気はしない。
せいぜいカレンダー系、しかも9月売りか。

個人的には週末にかけてのドレッシングに期待だが、
欧米の材料に振られやすいので、
8600台をあっさり割り込むようなら、
方針転換が必要かもしれない。

日経のBPS=9300円は相当上だが、
消費税増税や政治不安で、外人買いにも限度。
日系証券が強調するほど、魅力を感じていないか。

来月は日銀追加緩和と、米国指標の改善、
欧州情勢好転が重なれば、サマーラリーの可能性も
わずかながら残っているのだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-27 10:46 | 雑感

雑感~期待の剥げ落ち...

昨夜の欧州市場は大幅安となった。
特にイタリア株は4%、スペイン株は3.7%の急落。
ユーロ4カ国会談で、メルケルが共同債などに反対、
今週のユーロ首脳会議への期待が萎んだらしい。

独が慎重なのは、分かりきっているのだが、
先週から大幅反発した後でもあり、
戻り売りに押されたと見るのが妥当だろう。
スペインIBEX指数は、6月初旬の安値6000から
7000近くまで反発していた。

日本株も昨日から売りに押されているが、
11:15現在では、8650円の攻防となっている。
このあたりで反発できれば良いが、
下に抜けると再度、下値不安の台頭か。

今月は、月末に向けてのドレッシングに
期待しているのだが、今夜も大幅安だと難しくなりそう。
7C900-8C925は、9600円を割れるようなら一時撤退。

次週にかけて、米景気指標もケースシラー指数等
色々出てくるので、こちらにも注意か。
揃って弱いようだと、見通しは一段と暗くなりそうだ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-26 11:23 | 雑感

雑感~意外にも円高で...

週末の米国株は上昇、ツイストオペ延長が決まり、
南欧国債利回りも低下したことで買い戻しが先行。
VIXも18%まで再度低下してきた。

各種予想を見ると、今週は強気がやけに多い。
中には「リスクオン再開で9300!」というのもある。
共通するのは、円安トレンドの再開。
しかし、11:15現在ではクロス円は全て円高。
日経平均も8770円程度まで押している。

週末にかけてのドル円80円台や、
ユーロ円101円には、懐疑的な声も多かった。
要は、短期筋の買戻しが主体というもので、
継続には疑問がありそうなことだ。

本当にリスクオンが再開するなら、
まず、商品が吹っ飛ぶはずだが、
WTIは、未だに70ドル台に沈んでいる。

原因は、中国はじめ新興国の経済成長率減速。
これがぬぐえないため、カネが商品に回ってこない。
必然的に、関係の深い資源国通貨や個別銘柄も
戻りきれていないのが原状だろう。

ユーロ問題が落ち着くのは好材料だが、
今週の首脳会議で全てが決着するわけではなく、
今後も相当の紆余曲折が予想される。
相場も一時的な反発に留まるだろう。
時間的には、次週までだろうか。

次週末の米雇用統計以降は注意したい。
特に、IVの下がったところでのPUT売りは、
危険な感じがする。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-25 11:28 | 雑感

第15章「南欧の混乱再び(2)」

世界中が注目したギリシャ選挙が終わった。
結果は、与党側が過半数となり当面ユーロ離脱は免れたようだ。
しかし、SYRIZAの台頭を恐れた与党の2党は、
いずれも緊縮策の見直しを掲げていたため、
今後のユーロ側との交渉は難航しそうだ。
独は、いかなる修正も認めないと公言している。
修正不可能となり、ギリシャ国民が失望してしまえば、
今後の選挙ではSYRIZAが勝つ可能性も高くなる。
「ギリシャ国民は、ユーロ残留を希望した!」
とマスコミはギリシャ人の判断を賞賛するが、
実はSYRIZAより穏健派の与党による緊縮案の修正を
望む国民が多かったからでもある。
決して、額面通りには受け取れないし、今後緊縮案を進めていくとしても、
予定通り運ぶ可能性は限りなくゼロに近い。
週明けのギリシャ株は3%の上昇だったが、
南欧株はイタリア、スペイン共に3%近い大幅安となった。
スペインの長期国債利回りは7%に乗せ、危険水準にまで達している。
スペインは、不動産バブル崩壊の影響が最も大きく、
金融機関では不良債権が積み上がっている。
バンキア問題にしても根が深く、
スペイン政府の金融機関管理能力にしても、
独から疑いの目で見られているに違いない。
最終処理までにどれ位つぎ込めばいいのか、誰もわからない。
「今週の、スペイン国債入札がどうなるかだな...」

しかし、入札への懸念は杞憂に終わり、
利回りこそ高いものの、市場は巻き戻しの動きが優勢となった。
更には、ECBによる追加利下げや、
ESFSによる南欧国債購入の観測が出たことで、
金曜日時点ではスペイン10年国債利回りは、
6.5%台まで大きく下落した。
以下は、ユーロ圏国債利回り。
国名 2Y  5Y  10Y
ドイツ 0.12 0.60 1.53
フィンランド0.27 0.96 1.88
オランダ 0.29 1.19 2.04
オーストリア0.45 1.32 2.32
フランス 0.55 1.42 2.64
ベルギー0.75 2.05 3.18
イタリア 3.73 5.13 5.75
スペイン 4.45 5.78 6.54
ポルトガル7.42 10.16 9.91
今週に入り、ポルトガル10年国債まで買い戻されたようで、
久々に10%以下まで低下している。

藤木から連絡があった。
「何や、民主党は分裂しそうですな。」
「小沢も年齢が年齢だけに、最後に勝負したいんじゃないですか。」
「増税に反対すれば、選挙で票が期待できるということですか。」
「いずれ、消費税上げは不可避と思いますが、
 ばら撒きとセットだと、財政は改善できないでしょうね。」
「彼らのやり方を見てると、身を切ることは、絶対やらんですからな。」
「公務員の一時的な報酬カットも、パフォーマンスでしょうからね。」
「昔いた土光さんは、増税すれば官が太るだけだと仰ったようですな。」
「私もそう思いますよ。増税で集めた金を、
 政府系の企業や政治家の好きなばら撒きに使って、
 国債残高は減らないでしょうね。」
「公務員は、削減されないし、手厚い保護が続くわけですな。」
「ここ数年の動きを見て思うのですが、
 官側は権限を委譲して小さな政府を目指し、
 民間の景気を良くしようとは
 金輪際考えていないんじゃないでしょうか。」
「景気が悪くて、政治が官を頼る状態の方が、
 居心地が良いという訳ですな。」
「やはり、米国のように成功者が大きな顔をする国
 にはしたくないのでしょうね。」
「金を持っている者が、ロビイストを使って政治も動かしますからな。」
「そうですね。米国の官僚には主導権がない...」

古代ローマは、世界最高の生活水準を誇っていたが、
膨大な軍事費と数々の無駄な財政支出から
徐々に衰退の道をたどった。
軍部・元老といった官僚・政治家は昔の栄光が忘れられず、
ハドリアヌス王のように財政再建を目指す者は、
ことごとく隅へ追いやられた。
要は、自分らの生活水準を下げるような政策は、
決して実行しないという訳だ。日本の官僚、政治家も
自分たちにとって不利益となる政策は避けた上で、
何か上手い手はないかと考えるのだろう。
「日本も、ローマのように徐々に衰退するということか...」
相場は、8750円付近の小動きとなっている。
昨日ESは、円安を好感して一時8900円近くまで上昇した。
しかし、米国株は寄付き後、一方的に右下がりの下落。
QE3期待が剥がれた上に、先行きの景気に対しても懐疑的なようで、
13000付近では利食い売りに押されるようだ。
「米国株の上値が重い以上、日本株も簡単に9000円を突き抜けない...」
SQまで日はあるが、下値限定で9000円を大きく超えないとの前提で、
7C900-8C925のダイアゴナル及びminiでのデルタ調整、
というポジションをとることにした。
ユーロ円も101円まで戻したが、売りポジが溜まっている市場ほど、
巻き戻しが優勢だろう。次週は、ジリ高の可能性が高そうだ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-22 11:01 | オプション小説

雑感~リスクオフから巻き戻し...

FOMCでは、大方の予想通りツイスト・オペ延長。
もっとも、市場は既に織り込み済みで、
米国株も小動きに終わった。

他の市場では、これまでの壮絶なリスクオフから
一旦は巻き戻しが進んでいる。
VIX17%台、豪ドル81円、CME8800円...

イタリア10年国債は5.7%台、
スペインは6.7%台に低下している。
ECBは金利引き下げの検討を始めたようで、
ショートカバー中心か。

昨日の日本株は、幅広い銘柄が上昇した。
一方、日経平均は主力の数銘柄が弱く、
これはファンド筋のポジション調整と思われる。

本日も買い戻しの流れが優勢か。
信用売りの溜まったものほど買われやすそう。
EFSFによる南欧国債購入の検討もあるようで、
次週にかけて、買戻しが優勢のようだ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-21 09:28 | 雑感

雑感~スペイン短期国債入札まずまず...

日本時間夕方、結果発表までは懸念もあり、
ユーロ安、株安に振れていた。
結果は、利回りこそ5%を超えたが、
無難に終わったとの評価で南欧株は上昇へ。

米国株も、FOMCへの期待から上昇、
QE3まで行かなくても、ツイストオペ延長
位は織り込んだ水準となった。
バーナンキは市場に冷水を浴びせることはしない。

更には、ユーロ財務相会合も注目で、
ユーロ圏の統一的な銀行管理まで踏み込めるか?
これは、簡単にはいかないだろう。
スペインの銀行の膨大な不良債権処理に
ドイツの血税を投入することになるからである。

とはいえ、市場は過度のリスク回避からの
巻き戻しの方向となっている。
ユーロ円は100円台で、NYダウも13000近くまで来た。
一方、政策不信の日本には、外の金は簡単に戻らない。

相場の落ち着きで、IVも低下してきた。
putは先々週の反発局面と同レベルだが、
上値は重そうなためか、call側の剥げが特に目立つ。
材料も控えており、単独売りは慎みたいところか。

なお、21日も引き続きスペイン国債入札あり。
米国の住宅指標、フィラデルフィア連銀景況指数あたりも注目で、
予想以上に動く可能性はある。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-20 10:08 | 雑感

雑感~南欧債務不安消えず...

昨日、ギリシャ選挙で与党が過半数に達したことで、
アジア市場で大きな安堵感をもたらした。
しかしESでは、欧州株は寄付きこそ高かったが、
イタリア、スペイン株は一方的に下落、
それぞれ3%近い大幅安となった。

スペイン金融機関の不良債権比率が、
前月比で大幅上昇となったことが原因。
10年国債は、一気に7%を突破。
日本時間に100円台後半まで買い戻されたユーロ円は
その後99円を割り込む場面もあった。

米国市場では、住宅指標が良好で堅調に推移。
ダウはマイナスだが、NASDAQは0.7%高。
CMEも8600円台後半。

FOMC、ユーロ財務相会合と材料も続くため、
本日も方向感は出そうにない。
大きく剥げ落ちた外側IVは、本日も低下傾向だが、
材料前でさすがに低下にも限度か。

「そろそろ反発」と見る向きは多いものの、
肝心の外人買いが出てこない限り上値は限定。

バリュー投資家には、日経PBR=0.9が根拠の一つだが、
赤字の続く液晶TV部門を抱えるシャープや、
ソニーは、そう簡単に見直されないし、
世界的投資銀行のPBRが軒並0.5-0.8では、
野村あたりも買いづらいと思う。

要は、業態を見極めたうえで、
一時的に売りを浴びせられている銘柄に絞るべきか。
なお、好業績のプレナスは優待見直しから大きく下落。
優待利回りだけ重視するのもリスクがありそう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-19 10:55 | 雑感

雑感~とりあえず一難去ったが...

ギリシャ選挙は、緊縮派の勝利となった。
手元の報道では、与党で過半数確保のようだ。
市場は、とりあえず好感、日経は8750円、
ドル円79.30、ユーロ円100.80あたりまで上昇。

今週のFOMCでのツイストオペ延長、
ユーロ財務相会合で、プラスの材料が出れば、
目先の短期間、とりあえず一服となるかもしれない。

売り手は、さすがに買い戻して様子を見るだろう。
昨年、一昨年と、6月のショートカバー相場は
オーバーシュートしやすいので要注意か。

その後は...
米国指標等から、世界景気の見通しは不透明なので、
強気派が言うほど楽観的にもなれない。

買戻しが加速すると、call側IVも当然高くなるので、
9月以降の10000円以上のcallは、
レシオかカレンダー系で売りだろう。

8月は昨年ような急反落場面も、想定しておきたい。
目処は8000円台前半。スペイン問題では、
一気にデフォルト寸前まで行くことはなさそうで、
PUTが盛れば、そこは叩いて取りたいところ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2012-06-18 10:28 | 雑感