<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

雑感~連休谷間、方向感なし......

昨夜の欧米市場は軒並み上昇。
ダウは14800ドル台、S&Pは高値を更新。
ドル円97円後半、ユーロ円は128円台。

昨日のイタリア株は2.2%、スペイン株は1.9%高。
このところ、南欧株の上昇が目立つ。
ECBで利下げ観測が強まっている他、
緊縮一辺倒の政策から、成長路線も
組み込れた方向に向かうとの期待もある。

イタリア新内閣は30日にも信任される見通し。
内閣構成について賛否両論あるものの、
とりあえず政治空白は免れそう。

本日は、連休谷間で方向感なさそう。
円安も一服で、先物は大口に振られやすいか。
決算発表も目白押しで、個別は動きそうだ。

上は14000までなら、IVは盛り上がらない。
本日に限れば、先週のレンジ内ということで、
IVは低下方向だろう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-30 06:46 | 雑感

雑感~大台到達も利食い優勢へ......

昨夜の米国は、寄付から100ドル近く上昇も、
引けにかけ上げ幅を縮めた。ダウは前日比0.17%。
ドル円は99円台前半。南欧国債は利回り小幅上昇。

ESでは14000円台を突破し、14040円まで上昇。
本日はGW前でポジ調整もあり13900円台の動き。
大台を突破した後、一旦下押しするケースか。

とはいえ、現物を見ると地合いは強い。
決算に振られる銘柄は多いものの、
普段注目されないような地味な割安株あたりが、
今週は一段と買われてきた。

高値波乱の様相でもあるが、
ちょっとしたきっかけで下落しやすいので、
注意も必要だろう。本日の日銀は動きなしだが、
引け後のコメントには注意したい。

売り材料が出なければ、
GW明けは、再度の戻りを試す展開か。
ただし、上下動を繰り返しながらの上昇で、
外側のIVは低下方向と見たい。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-26 10:12 | 雑感

雑感~決算発表が本格化......

米国市場はまちまち。指数は動いていないが、
MS+3.8%、P&G-5.9%など銘柄格差が激しい。
決算期特有の動きといえるだろう。

日本株もそうで、今期予業績想が
アナリスト予想を下回ったキャノンは何と-5%。
楽観ムード一色だった市場に冷水を浴びせた。

本日、13900円を抜け切れないのも、
これら主力輸出企業の業績が予想ほど
伸びないとの懸念からか。

目先の動きは、個別色が強そうだ。
個別は上下の揺さぶりも激しく、
2008春、2010春に似た感もある。

やはり、高値波乱→下落のパターンに注意。
指数は、GW前後で14000円乗せがせいぜいか。
5C外側は、売り余地がありそう......


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-25 10:17 | 雑感

雑感~ユーロ利下げ期待......

昨夜の米国は、ダウ、NASDAQ共1%以上の上昇。
場中爆弾騒ぎがあったが、急落後直ぐに戻した。
引け後のアップル決算は、市場予想より良好で、
市場外で上昇となっている。

欧州では、経済指標の悪化が利下げ観測を呼び、
南欧株は連日の大幅高となった。伊株は+2.93%。
伊国債は3.9%まで低下、スペイン国債も4.2%台へ。

外部環境がポジティブ方向に動いたため、
13500円割れもあった日経平均はESで切り返し。
夜間には13700円台に乗せた。

本日は、13750円をつける動き。
ドル円も99.70付近まで上昇しており、
活況が続く現物株も、連日の賑わいである。

目先膠着を見込んでいたが、少し軌道修正。
6C140売り絡みのカレンダー系は、
ミニ先を当てて、とりあえず撤退方向へ。

ちょっと下がりそうにない環境だが、
5Pクズスプレッドを色々仕込んだので、
GW中の急落には十分対応できそう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-24 09:32 | 雑感

雑感~100円手前で足踏み、目先膠着か......

昨夜の米国市場は、寄付こそ安かったが、
引けにかけ切り返した。MS、キャタピラーが大幅高。
ドル円は99円台前半、ユーロ円は129円台。
伊国債利回りが4%近くに低下、同国株は+1.66%。

本日は13500円台での小動き。
円安一服で、目先はレンジ相場か。
現物株は、決算も絡んでいるため動きが激しい。
IVは低下傾向だが、GW前で買戻しも。

過去のパターンを見ると、ベアスターンズ問題
から立ち直った2008.4月が、やや似た印象か。
13000円台後半から、GWにかけて14000円を回復。
500-600円の調整を経て6月初旬に14500円達成。

この時は、サブプライム問題が解消するとの期待で、
特段の売り材料が出ないまま14500円まで上昇。
GWに何も出なければ、一段の戻りもありそう。
しかし、HF中間決算によるポジション解消から、
上値は抑えられると見たい。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-23 10:37 | 雑感

雑感~100円は時間の問題だが......

週末の米国市場は、ダウは小幅上昇だが、
NASDAQはグーグル決算等好感で1.25%の大幅高。
ドル円は99円台後半、ユーロ円は130円台へ。
CME先物は13600円へ。

G20を無事通過したことで円安が進んでいる。
今朝の取引では99.80台の動き。
100円をつけるのは時間の問題だが、
これをきっかけに、日経がどこまで好感するか。

今週からいよいよ日本企業の本決算が本格化。
注目は、前期よりも今期の見通し。
大手証券の試算では、今期の主要企業は
大幅な増益が確実視されている。

中には6割増益なんていうのまである。
前期EPS650円とすると、今期EPSは1040円。
PER15倍として株価は15600円。
もちろん、全てが上手く機能した場合だが。

気になるのは、今年もSELL_IN_MAYが起こるか。
米国株は薄商いの中、高値を更新する状態で、
かなり危ういとの指摘も多いようだ。
テクニカル的な暴落の前兆「ヒンデンブルグ_オーメン」が
点灯したともいわれている。

今週はとりあえず強そうだが、
GWは、警戒するに越したことはない。
過度なデルタロングやガンマ・ベガショートは避け、
動きやすい形にするのが良さそうだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-22 08:43 | 雑感

雑感~G20前で様子見か......

昨夜の米国市場は、ハイテク中心に続落。
アップル関連弱く、同社決算に注目が集まる。
VIXは17.56%まで上昇。

一連の1-3月期決算は、売りタイミングか。
不安視される5月を前に利食い先行なのだろう。
ファンド筋にも、年初からここまで上がれば
利益は十分といったところか。

昨日は、期待に反して日銀ETF買いは見送り。
13400円近くまで反発したのは、
てっきりETF買いと思っていたのだが。
彼らのロジックがどうなっているのか、
時間をかけて見る必要もありそう。

G20では、日本への非難が出るかどうか。
容認であれば、次週は再度の99円台。
もしも何か出ると、円高に振れるのは確実。
仮に日本への言及がなくても13500円レベルを
抜けるのは容易ではなさそうだ。

100円を突破して一段の円安に向かうには、
米景気拡大による株高・米金利上昇が必要。
米経済指標を見る限りは、時期尚早か。

目先は膠着感が強いと見て、
大外callをスプレッドベースで売るのが、
最も安全と見ているが......


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-19 09:57 | 雑感

雑感~今日も日銀ETF買いか......

昨夜の米国株は反落、前日の上昇分は帳消し。
出荷台数減少懸念で、HP-2.6%等PC関連が安く、
金融がバンカメ-4.7%、JPM-3.5%と大きく売られた。
欧州株も大幅安となった。

しかし、南欧国債利回りは小幅低下で、
欧州株の下落は、景気減速が背景と見て良い。
ユーロは対ドルで1.3近くまで下落。
一部で利下げ観測も出ているようだ。

朝方は、先物で13230円まで売られたものの、
9:25現在、日経13270円付近。TOPIX-0.82%。
4/15にETF買いが出ているので、
本日も日銀が出てきそうな雰囲気。

となれば、下げ渋る可能性が高そう。
万一、ETF買いが出てこなければ、
引けにかけて売られる可能性大。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-18 09:33 | 雑感

雑感~日銀ETF買いは......

昨夜の米国株は大幅反発。
住宅指標が予想以上だったことに加えて、
コカコーラやJ&Jの好決算も指数を押し上げた。
ドル円は97円後半で一進一退。

昨日は、寄付後の13000円割れから
ESにかけて13400円まで切り上げる展開。
「日銀ETF買いが予想以上か!」と考えたが、
フタを開ければ前日と同額の216億円。

先物手口は、欧州系A社が大きく買い越し。
これを「日銀の強力なETF買い」と
参加者が勝手に判断したのだろう。

昨日の216億円はこれまでと比べても少ない。
買い出動の基準(下落率)を緩めて、
より多くの日に出動することにしたのか。

ちなみに1日の金額を216億円とすると、
残り40数回出動することになる。
当面はこれで進めて、期末が近づくと
前期末比+1兆円となるよう調整するのか。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-17 07:38 | 雑感

4/12「ザ・外こもりトレーダー2013」第2章(4)

第2章「アベノミクス(4)」

3/20、日銀の新体制がスタートした。
黒田総裁は財務官僚出身、その秀才ぶりは伝説化されている。
前総裁白川氏も、東大経済学部では秀才で知られた。
安倍総裁に近い浜田教授もその著書で、
政策こそ批判するものの、能力については絶賛している。
しかし、この黒田氏と白川氏は、考え方が全く違うせいか、
すれ違っても挨拶さえしなくなったらしい。
言うまでもなく、黒田総裁は積極緩和論者、
白川前総裁は超緩和には反対の立場である。
新体制発足後、金融市場は早速
「すわ、臨時会合か!」とはやし立てたが、
過去の為替介入で市場を知り尽くしている黒田総裁は、
そんな先走った期待には乗らなかった。
大館の知る限り、突発的な悪材料で下に突っ込んだ時以外は、
臨時会合で追加緩和が決まるようなことはない。
「臨時会合は、株価を上げたい日系の証券あたりから出たのか......」
国内証券会社出身の友人の仲原に言わせると、
中小の証券会社の情報部門には、いい加減な輩も多いらしい。
日銀の政策をまるで分かっていない連中が、どこからか
「臨時会合の可能性があるようだ!」との情報を仕入れ、
社内で声高に吹聴する。ポイントを稼ぎたい連中は、
役員にご注進したりする。
「奴らも、所詮サラリーマンだからな......」
一時12000円台の半ばまで買われた日経平均は、
4/2には11800円まで突っ込んだ。市場関係者は、
「日銀のやりそうなことは、大体分かっている」
と、利益確定売りを優先させたようだ。

4/4の午後、市場では、間もなく発表される日銀政策決定会合の結果を、
固唾を呑んで見守っていた。日経平均先物は、12100円台の小動き。
大多数の参加者は、予想通りの内容であれば、
更に利益確定売りに押されると見ていた。大館も
「多分、国債買取金額は4-5兆円、買取対象の残存期間は撤廃。
 あとはETFとREITの増額位か......」
と思っていたのだが。発表直後、市場は驚愕した。
「国債7兆円、ETFは1兆円か......」
即座に為替、株が反応した。日経平均6月限も急騰、
12400円台で若干揉み合ったものの、引けにかけて一段高となり、
12500円も一気に突破した。
「まずい......」若干のガンマショート緩和のため、ミニ先物で調整した。
ESにかけて一段と円安に振れ、先物は何と13000円までつけた。
もちろんIVも大きく上昇、6C-7Cのダイアゴナルをベースとする戦略は、
期近ほどIVが急騰する展開に弱い。ただし、
大外のクズCを使ったヘッジポジションを、ゼロコストで多く組んでいた。
リバースカレンダー5C1425-6C150、
レシオ5C1475-5C155(1:-2、2:-5)等である。
これらを利食いながら、6C-7Cのダイアゴナルを落としていった。
「今月は、若干のマイナス位か......」1000円クラスの急騰を食らえば、
基本デルタショートで、期近売りカレンダーがベースならば、
負けるのは仕方がない。
「あとは、IVの跳ね上がった4C外側レシオか......」
4C140以上で、1:-2、2:-5といったレシオを仕込んでいった。
残存1週間ならヘッジとしても機能する。

4/5金曜日は、利食い売りも出たためか、
日経平均は13000円手前で推移した。
しかし、その夜の米雇用統計後の反応が、全くの想定外だった。
予想以下の数字を見て、先物は一時12800円割れ。
一方、ドル円は円高に振れた後、徐々に反発し始めた。
「おかしい。普通なら円高・株安に反応するはずだが......」
12時過ぎには97円後半まで上昇、先物も13100円近くに達した。
前日の緩和以後、世界的に株高・債券高・円安が進んでいる。
あるいは、日本国債が天井と見た機関投資家が、
大挙して外債買いに向かう前兆なのだろうか。
「週明けも怖いな......」6CのIVが高かった時、
6C140-7C145、6C1375-7C140をかなり仕込んでいたので、
週明けに急騰すると一時的にやられてしまう。
ミニ先物で調整しているとはいえ、急騰時は期近ほど反応する。
「4Cレシオも効きそうだし、何とかなるか......」
週末は、日銀の情報集めに時間をかけた。
「これは、想定以上か......」
毎年のETF買いは1兆円、しかも枠ではなくて買いきりである。
日経平均先物1枚が1300万円として、
年間76923枚の買い需要が発生することになる。
日銀バランスシート予想(兆円)
商品 2012.12 2013.12 2014.12 
全金額 138  200  270
ETF(株)1.5  2.5  3.5
国債  89  140  190 

「これでは、下がらないな......」
海外情勢で一時的に大きく下げたとしても、
日銀のETF買いによる反発力はかなりのものだろう。
評判の悪かった”TOPIX1%下げで日銀のETF買い”
というルールも改正される可能性が高そうだ。
黒田総裁が市場を熟知しているのなら、分かりきったルールで、
短期筋が大きなロットで振り回すような状況を見過ごすはずがない。
また、年間で1兆円残高増えるのなら、
前場で1%下落した日を選んでいる余裕はないかもしれない。
「4/4以降、TOPIXが前場で1%下落した日が見ものだな......」
4/8月曜日は、朝方から円が急落、99円台後半までつけた。
OP市場は、寄付後期先の板がいっせいに引く現象まで現れた。
先物は、まるで2008年の10月にサーキットブレーカーが
発動された時のような、激しい打ち合いとなった。
当然だが、IVは急上昇となった。4Cレシオを利食いながら、
6C-7Cダイアゴナルを更に減らすことにした。
週末にかけて、IVの高止まりが続いた。
日銀はしばらく動かないだろうが、巷で言われているように、
国内の機関投資家が大掛かりな外債投資を始めれば、
100円突破も十分可能性がある。
「しかし、大きな動きはなさそうだが......」
残存の短い5C大外の2×-3レシオを、積み増すことにした。
6C-7Cダイアゴナルは、値荒いが徐々に良化した。
「この調子だと、4月はプラスで終われそうだな......」
GWに売り材料が出るのが不安だが、5Pクズで対応できるだろう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-04-16 06:43 | オプション小説