<   2013年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

雑感~買い戻し先行も上値限定......

昨夜の米国市場は、寄付き高かったものの、
FOMC、雇用統計前で調整色の強い動き。
ダウはほぼ変わらず、NASは+0.47%。
為替はやや円高で、豪ドルが安い。

昨日は朝方から円安もあって買戻しが先行。
一時13900円台に突っかける場面もあった。
しかし、夕方から円安が一服すると
先物は再び13700円台へ。

下落過程で上昇していたIVは剥げ落ち。
CALL外側は上昇が止まると売り板が増加する。
円安加速で、上げ幅が大きくならなければ、
CALL盛り上がりはなさそうな雰囲気。

押し目買いが大勢だろうが、
万一のドル円95円割れも一応想定。
理論的には今期EPS900円、PER14倍で12600円。
次週にかけては、8Pクズで対応か。

10月の板が極めて薄い。
一部で125円刻みの影響とも言われているが、
高額証拠金や売り枠削減の影響も響いているか。
この時期に8、9月しか使えないのは厳しい...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-31 07:34 | 雑感

雑感~予想以上に脆い日本株......

昨夜の米国市場は小幅の下落。
FOMCや雇用統計前でポジション調整が先行。
VIXは上昇とはいえ13%台前半まで。

米国ではQE3縮小懸念もあるが、
基本的には7-9月の指標を見て、
年内に縮小を開始するかどうかであり、
今回のFOMCで方向が決まる可能性は低い。

昨日の日本株は予想以上に弱かった。
相次ぐ決算発表が利益確定売りを誘発し、
材料のない銘柄にも売りが殺到した。

ドル円95円で今期EPS900円が基準とすると、
保守的にPER14倍とすれば株価は12600円。
ここまでは下がらないと見たいが、
再度の95円割れがあれば際どくなる。

先物は振れが大きく押し目買いも難しい。
業績の悪くないバリュー株の方が、
買うには良いかも知れない。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-30 08:14 | 雑感

「ザ・外こもりトレーダー2013」第4章(3)

第3章「緩和バブルの行方(3)」

7月後半の目玉は、7/21の参院選挙だった。
予想では自民・公明の連立与党で、過半数を取る可能性が高く、
民主は惨敗に終わるというものだった。
開票が始まると、いきなり自民は60議席以上確定で、
改選数121の内大半がすぐに決まってしまった。
自民は単独過半数までは届かず、予想通りの結果となった。
注目は、東京で共産党候補と無所属の山本太郎が当選したことか。
東京は無党派層、流動票が多いので、イメージの良い候補者が有利だ。
原発回帰が鮮明になった自民への批判票が2人に集まったと思われる。
維新・みんなの党は、選挙協力も白紙となり伸び切れなかった。
サラリーマンからすれば、みんなの党の主張が理に適っているのだが、
今の体制では拡大は無理そうだ。
連立に加わって初めて、政策が実現する形だろう。
渡辺代表は組織作りに向いていない気がする。
アベノミクスへの懸念しか主張できなかった民主は大敗が分かっていた。
そのアベノミクスへの批判にしても、政権末期には前原氏主導で
日銀に対して超金融緩和への圧力をかけていたので、
実は金融政策に大きな違いはなかった。
有権者の大半は、そのあたりはお見通しだったのだろう。
海江田代表の主張は説得力に欠けていたと思う。
また、今回の選挙では小沢氏の凋落が目立った。
結局議席は取れず、岩手の候補者も3位に終わった。
地盤も磐石ではなくなってきたのかもしれない。
TV出演では、石破幹事長の満面の笑みが目立った。
菅官房長官も後押しするようだし、次期首相の有力候補だろう。

週明け月曜日の市場は、明け方からドル高に振れていた。
「すわ、15000円突破か!」という市場関係者の鼻息をよそに、
徐々に円高・株安に振れることになった。
「こんなの、織り込み済みだよ」
と、元証券ディーラーの仲原から電話があった。
「自民単独過半数ならまだしも、与党で過半数というだけではねえ」
「この結果なら、都議選で織り込み済みと見るべきだな」
「自民と公明の選挙協力も効いたらしいね」
「公明党は、喜んでばかりもいられないさ」
「与党内での立場が、相対的に弱くなるからだろう」
「数年後に、自民が単独過半数となれば、明らかに立場が弱くなるよ」
「自民が強くなるほど、改憲や防衛強化といった政治色を出すんじゃ」
「そうだろう。しかし、側近が政治色を出さないように止めてるらしい」
「これまで同様、見た目は経済優先というポーズだね」
安倍政権の支持率が高いのは、半年以上続いた円安・株高のお陰だ。
これが、改憲論争や周辺諸国との軋轢の増加で、
円高・株安に振れると、支持率は一気に低下するだろう。
これを理解している自民党首脳部は、経済優先という旗印を降ろさない。
当面の問題は、消費税を予定通り上げるかどうかだ。
麻生大臣には財務官僚が付いており、強硬な増税派だろう。
一方で、党内は慎重派が大勢だろう。
輸入物価上昇に加えて消費税増税が加わると、
せっかく良くなりかけた景気の腰を折りかねないとの懸念がくすぶる。
経済ブレーンの浜田氏も、最近は消費税増税には否定的な論調である。
企業業績回復から賃金上昇までには、どうしても時間がかかる。

相場は15000円手前で足踏み状態となっていたが、
木曜日は先物主導で14500円台まで売られた。
円高に振れた金曜日には14200円まで割り込んだ。
金曜日の米国市場では、ドル円は98円前半まで下落、
週明けの14000円割れが確実となった。
5/23のイメージが残るだけに、値幅を伴う下落局面では、
我先にと投売りが殺到するようだ。
「これで騰落レシオも、落ち着くだろう......」
プロも着目する騰落レシオは、”買われすぎ”を示す危険水準まで上昇。
しかし、証券会社系の資料では、
”騰落率は高位水準が継続、目先は堅調”という論調も目立った。
日付 騰落レシオ 日経平均
7月16日126.3714,599.12
7月17日132.5714,615.04
7月18日136.8514,808.50
7月19日138.6514,589.91
7月22日140.7014,658.04
7月23日133.4814,778.51
7月24日132.7914,731.28
7月25日119.7214,562.93
7月26日115.2014,129.98
日本株のストラテジストは、各金融機関に一人は存在するが、
最も優秀なのは財閥系M証券のF氏だろう。
その彼が言ったことを思い出した。
「テクニカルはできないが、騰落レシオだけは見ておく必要がある」と。

今回も騰落レシオの買われすぎが、相場の急反落を招くことになった。
中国景気の先行き懸念や円高といった理由を挙げる向きは多いが、
肝心の中国株は大して売られておらず、
円高もせいぜい100円から98円へ振れただけに過ぎない。
日付 日経平均 ドル円 上海株
7月16日14,59999.082,066
7月17日14,61599.582,045
7月18日14,809100.422,023
7月19日14,590100.631,993
7月22日14,65899.662,005
7月23日14,77999.402,044
7月24日14,731100.232,033
7月25日14,56399.282,021
7月26日14,13098.242,011
週明けは、13900円レベルからの開始となった。
今週は4-6月期決算に加え、週末に7月分米雇用統計が発表される。
7,8,9月の雇用統計は、QE3縮小時期にも関係するので、
注目度が非常に高そうだ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-29 10:01 | オプション小説

雑感~米国株上昇も円高で......

昨夜の米国株は上昇、特にNASDAQが目立つ。
4-6決算発表ではMS、Google等が下落も
Apple、Facebook上昇とマチマチの様相。

以前ほどのQE3縮小懸念もなく、
市場は次のフェーズに入ったと見ておきたい。
当面は4-6決算と8月初旬の米国指標に注目。

基本コンセンサスは米国景気が堅調に拡大し、
金利はさほど上昇しないというもので、
こうなると株式市場には大いにプラス。

しかし、米長期金利が上昇せず、
金利差が拡大しなければドル高も限定的。
本日は、短期筋の信用買いの投売り先行か。

先週からの流れを見ると為替は完全に膠着。
そうなると、輸出主力株の業績上振れも限定的。
大外callのIVも徐々に低下してしまう。
小泉時代の円安バブルで日経は17000円を超えたが
IVはせいぜい20%台前半までだった。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-26 12:09 | 雑感

雑感~ドル円100円回復だが......

昨夜はドル円は100円回復も米国株は小幅安。
APPLE決算も起爆剤とまでは行かなかった。
上へのエネルギーは、少し足りない状況か。

本日は、14700円台前半での取引。
円安に振れても、今ひとつ盛り上がらず。
先週、一時的に15000円に届いても、
ここから買い上げるには、一段の材料が必要。

4-6決算始まるが、主力株で上振れ続出となるか。
ドル円100円だと予想EPSは10%上振れで1000円程度。
PER15倍としても15000円に留まる。

稼ぎたい短期筋といえども、
先物の大量買いには躊躇するところか。
依然、ガンマ・ベガの軽いショートで様子見か。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-25 09:51 | 雑感

雑感~APPLE決算上振れ、けん引役となるか......

昨夜の米国市場はダウは変わらずも、
ハイテクが上値を抑えNASDAQは-0.6%。
米指標低調からドル円は99円半ばまで下落。
ES日経も、ドル安で再度14700円台前半へ。

APPLE決算が発表され、EPSは予想より上振れ。
時間外で5%程度の急騰となっている。
一時700ドルまで達した株価も、このところ
400ドル程度まで下落していた。

米ハイテク株決算ではは、MS、GOOGLE等、
発表後株価が下落するケース多かったが、
APPLEが再びけん引役になれるかどうか...

円安で一時14800円台に回復していた日経も
ドル円ボックスならば、再び膠着相場の可能性も。
そうなれば一段のIV低下となりそう。

今週から日本企業の4-6月期決算も出始める。
現物株は一層、個別色が強くなりそうだ。
出遅れ内需系、APPLE関連と有望株は意外と多い。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-24 06:12 | 雑感

雑感~基本スタンスは押し目買い......

昨夜の米国市場は小動きに終始。
決算発表ではマクドナルドが大幅安へ。
欧州は小幅高で南欧国債利回り低下が目立つ。

昨日は寄付こそ高かったものの、
徐々に円高が進み、ついに100円割れ。
それに伴って日経もズルズル下げていった。
参院選での与党過半数は完全に織り込み済み。

もっとも政策期待が消えた訳ではなく、
今後は消費税増税の先送りなど、
個別の政策も議論になりそうだ。
下がった場面では押し目買い意欲は強そう。

為替が円安に振れないならば、
輸出大型には資金が向かいそうになく、
従って、日経は伸び悩む展開となるだろう。

材料が出て円安に振れるまでは、
外側call売りを絡めた戦略で行けそうだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-23 09:14 | 雑感

雑感~与党過半数だが上値限定か......

週末の米国市場は小幅の下落。
ハイテク系決算がやや不安だが、
過度の量的緩和縮小懸念も縮小しており、
下値不安は小さくなっている。

注目の参院選挙は、与党過半数となったが、
自民単独過半数には届かず、予想通りの結果。
8:15現在、ドル円100.50、日経CFDは14850円付近。

とりあえず戻りを試す相場となりそうだが、
金曜日の急落イメージも強く残りそうで、
上値を積極的に買う動きが続くかどうか。

15000付近では売り圧力もありそうで、
抜けるには円安加速といった支援材料が必要か。
目先はIVは上昇しそうになく、
call、put共に週末の反動安が予想される。

16000以上の8CベアSPやレシオ、16500以上の
9Cレシオあたりが低リスクで推奨できそう。
9C-10Cカレンダー系も見ているのだが、
IV差の動向にやや不透明感もある。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-22 08:26 | 雑感

雑感~一時15000円復活......

昨夜は米国株は更に上昇、ドル円は100円台へ。
欧州株も一段高、特に国債利回りが低下した
南欧株が大きく上昇。イタリア+2.3%、スペイン+1.9%。

為替が一時100円半ばまで上昇したことで、
ESでは15000円に乗せた。持合い状態からの上抜け。
上昇幅が400円近くまで達したのでcall側IVも上昇。

7:00現在では、Google、Msの決算発表嫌気で、
市場外では2社共に急落となっている。
日経CFDも14900円付近まで下落。

選挙前でIVは下がりそうになく、
買い戻したい向きは、昨日手当済か。
本日は15000円付近での小動きとなる可能性も。

しかし、5月に大きく動いた15000円付近で、
まったりとしたボックスになるとは考えづらく、
次週は値幅を伴った動きとなる可能性に注意。
ここのレベルでのガンマショートはやや危険。

一段上に抜けるとすれば円安が必要か。
選挙結果で103円を抜ける展開になれば、
15500円以上を伺う可能性も高そうだが、
単なる与党過半数で自民単独過半数以下だと、
円安・株高にも限度があると考えたい。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-19 07:16 | 雑感

雑感~EXCELシートはとりあえず簡便法で修正...

米国市場はバーナンキ議長の証言が注目されたが、
影響は限定的だった。米株、ドル円はほぼ横ばい。
4-6決算発表では、IBMが引け後に2%の上昇、
インテルは-3.4%と大きく下落。

6:30現在の日経CFD(現物)は14635-14665付近。
本日も為替・アジア株を見ながらの小動きだが、
昨日同様、ジリジリと上げる場面もありそう。
月曜日の海外市場で付けた14700円台までは、
さほどの抵抗もなさそうである。

IVはジリ高では低下するとしたものだが、
週末選挙も控えており、週内は下げ渋りと予想。
一段下がるとしたら、与党が過半数議席確保かつ
自民単独で過半数まで届かないケースか。

現状では与党の勝利は間違いない。
問題は自民が単独過半数まで行くかだが、
さすがに72議席は難しいとの指摘もある。
週明け急騰するのは単独過半数の場合だけか。

行使価格が125円刻みとなりEXCELの対応が必須。
全てを盛り込むと、ファイルが拡大すると同時に
MarketSpeedはリンク数の問題が出てくるため、
当面は簡便法で処理することにした。

最も簡単なものは、例として8C15625+1枚では、
8C15500と8C15750を0.5枚ずつに分解するもの。
ATMに近づいたり、残存が短くなると誤差が
大きくなる点に注意する必要はあるが、
ATMから離れた期先ならば誤差は小さそう。

また、リンク数の問題では、
これも原則として250円刻みの平均値を使うが、
ATM付近だけは、125円刻みでリンクさせるべきか。
ガンマはATMが最も高いので、平均値が使えない。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2013-07-18 07:01 | 雑感