<   2014年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

派遣トレーダー2014(8)

先週末のG20は、量的緩和縮小に踏み切った米国と
自国からの資金流出に悩む新興国が対立する見方もあった。
が、事務方の根回しどおり前向きな声明を発表して閉幕した。
「GDP成長率2%上昇!」といった景気の良い数字も出たが、
「ではどうするのか!」となると具体的には何も出ていない。
セレモニー的な会議の終わりに
「では、皆で頑張りましょう」といって終了するのと似ていた。
中身は意外に乏しい。
「なんだよ。学級会の終わりと同じじゃねか......」
日曜日の夕方、例の喫茶店に向かった。
新聞や雑誌をあさると依然として証券界は強気だ。
大手証券は3月末16000円との見方を変えていない。
「どうも、腑に落ちないな......」
14000円まで下がったのは欧州大手の先物売りが原因で、
彼らが買い戻した以上、新興国通貨が再度売られない限りは
日本株も崩れないのだろう。
強気筋の根拠は「米国指標は雪の影響」「日銀は追加緩和を実施」
一方で、弱気筋は「消費税増税の影響大」「米中の景気は良くない」
強弱感が対立しているから、先物主導の荒い動きなのか。
「方向感なしか......」それはそれで仕方がない。
現物は逆張りに徹して、細かく稼ぐしかなさそうだ。
扉が開き、田村と浅原が入ってきた。
「何だ、またあんたか」二人は隣のテーブルに座った。
少しの間小声で話した後、
浅原が「あんちゃん、俺は原発に行くことになったよ」
「そうですか」
「そっちの方が、金が良いからな」
「お元気で......」

浅原が出て行き、田村が残った。
「田村さん、浅原のおやじ何とかならなかったんですか」
「金の問題だから仕方がない。奴等が待ってくれる訳じゃないし」
「可哀想な気もします......」
「金の問題は本人次第だ」
「そうですね」
「好意で待ったり、貸してくれる奴はいないと思う方がいい」
「......」
先物や信用取引で追証に陥ることがある。
しかし自己責任であり、自業自得でもある。
本人の管理の甘さが原因であるとしかいいようがない。
「田村さんは、今週どうなると思いますか」
余計なことと思いながら相場感を聞いてみた。
「方向感は出ないんじゃないか」
「そうですね......」
「ただし、大口の先物売買は出るだろうな。
 CTA系は昨年来パフォーマンスが良くない。1月も大やられだった」
「だからリスクを取って振り回すと......」
「そんなところか」
家に帰って欧州大手金融機関が公表するヘッジファンドインデックスを見た。
CTA系は12月、1月もマイナスだった。
ここらで利益を出さないと、半期のパフォーマンスが苦しくなる。
他社比で成績が悪くなると、資金を引き上げられる可能性も高い。
月曜日は、大した材料もないのに、先物中心に上下に振り回された。
「やはり、先物主導か......」
為替相場が、後から恐々付いて行くような流れだった。
これではプロ連中も勝つのは難しいようだ。
上昇時も一部指数銘柄、材料のある銘柄が値を飛ばしているだけで、
全体的にリスクオンとは言いがたい。
商いも大したことはなかった。

火曜日、水曜日、木曜日と先物は
14800円から15000円台を行ったり来たりだ。
ドル円は102円台の前半中心で、こちらも方向感は出ていない。
材料のない中で、先物だけがスルスルと300円程度動いていた。
手口では大口プレイヤーは売買がほぼ均衡だ。
ということは、日計りが中心ということでもある。
月曜日などは、短期ショート筋を見越して踏みあげた可能性があった。
追従してきた短期の買い手は、最後の下げで見事に投げさせられた。
水曜日、木曜日も良く分からない動きであり、
こんな日は相場をやらない方がいい。
不気味なのは、中小型の個人好みの優良株が上がらないことだ。
先物に振り回される一方で、現物売りを進めている勢力が存在する。
3月10日の引き落としまで、2週間を切っているが、
今が買いのタイミングとも思えない。
木曜日、家に帰ろうとすると金井が声をかけてきた。
「なかなか戻らないすねえ......」
「戻ってはいるが信用できねえな......」
「でも株は強気の人が多いじゃないですか」
「証券会社の連中は強気しか言わないよ」
「外資のD証券にいたお偉方なんか、2万円どころか
 史上最高値まで吹っ飛ぶって言ってますよ」
「そう思うなら、自分で買えばいいじゃないの」
「俺は、株は分からないから......」
一部の人間からは、日経平均が4万円との声も出ていた。
予想は勝手だが、彼らが責任を取ることはなく、投資は自己責任だ。
上がらなかった時、彼等は政府や日銀のせいにするに違いない。

3日間動きの速いボックスだったが、
木曜日の夜間に一気に14600円台まで崩れた。
ウクライナ情勢緊迫化が原因だったが、
欧州株の下落はせいぜい1%台で、日経だけが突出して下げた。
世界の短期マネーが日本株に集まっているからだ。
「崩れるか......」
しかし、米国市場はイエレン議長の発言を好感し、プラスで引けた。
S&Pは高値を更新。日経平均は14900円台に上昇。
ちょっとした材料に振り回されるのは毎度のことだ。
チャート的にも売買代金を見ても強気になれないが、
過去と同様3月末にかけてラリーとなる可能性は残る。
「少し拾っておくか......」
バリュー株を少々仕事前に指値を出した。
朝刊の3面記事を見ると「津波対策」として文部科学省は
学校設備整備指針を出すらしい。
東北を流れる大きな川の周辺は、津波で大きな損害を被っていた。
建物が流され大勢の人が亡くなった。
中には、100人近い小学生が亡くなった大川小学校の例もある。
先生達がどうしようか迷っている間、校庭に1時間近く待たされ、
ようやく避難し始めたところを大津波が襲った。
「なぜ、もっと早く高いところに避難しないんだ」
子供を亡くした親が怒るのも無理はない。
逃げ残った唯一の教師は、教育委員会によって隔離され、
誰も面会できないらしい。
「組織的な隠蔽」と受取られても仕方がなかった。
この話は、地元の誰もが知っていた。
あたふたする先生を、ある子供が
「早く逃げないと死ぬよ!」と叱りつけていたという。
決断できない大人は、何処にでもいるものだ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-28 10:16 | 雑感

雑感~上値重く、反落懸念も......

昨夜の米国市場は小動き。
ダウ+0.12%、NAS+0.10%、TB2.66%。
ドル円102.40付近。上海株は小幅上昇。

昨日も寄付から良く分からない上昇だったが、
ドル円も伸びきれず、引けにかけ反落。
ESでも伸びきれず、CMEは14900円台前半。

15000円以上はいかにも重い印象。
朝方の外資系動向は490万の買越しだが、
今夜の米指標や要人発言にも注目か。

次週金曜日の米2月雇用統計前に、
いったん下押しを想定してみたい。
大きな材料出なければ押しは浅く、
IVは低下となりそうだが......


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-27 08:26 | 雑感

雑感~戻り更新も、懸念材料多く......

昨夜の米国市場は小幅の反落。
ダウ-0.17%、NAS-0.12%、TB10Y2.71%。
欧州株はほぼ変わらず。ドル円は102円前半。

昨日は一時15100円に迫る勢い。
しかし、中国株が後場に2%程度下げると
一転売り優勢となりESでは14900円近くへ。

米国株も一時プラス圏も、引けにかけマイナスへ。
最近のの経済指標は寒波の影響とのことだが、
次週の雇用統計他に注目が集まる。

中国懸念、米景気、ウクライナ問題等、
海外は懸念材料の方が多く、追加緩和期待で
上値を追うにも限度がありそうだ。

株式市場は期待が強いが、
102円前半の為替市場ではさほどでもない。
米雇用統計が大きく期待を裏切るようなら、
一気に100円割れのリスクもありそう。

3月の日銀に期待が集まり、証券会社には
「催促相場や!」と騒ぐ連中もいるが、
まだ追加緩和はやらないと考えている。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-26 08:02 | 雑感

雑感~中国不動産懸念も急反発......

昨夜の米国市場はダウ+0.64%、NAS+0.69%。
欧州株も総じて上昇。TB10Y2.74%。
ドル円は102円半ば。ユーロドル1.3732。

昨日はめまぐるしい動き。
外人の大幅買い越しで始まった後、
先物主導で14900円台後半へ上昇。
その後中国不動産懸念から14600円台に急落、
ESでは再度14900円台へ反発。

先物主導の荒れる相場だが、
悪材料が出ても「日銀の追加緩和」の
実現性が高まるという見方あり。

本日も外人は580万株の買い越しの模様。
先物主導で15000円乗せもありそうだが、
動きが速いだけに、付いて行くのも危険か。
IVは目先下がりそうに無い。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-25 08:34 | 雑感

雑感~G20後......

週末の米国市場は小幅下落。
ダウ-0.19%、NAS-0.10%。TB10Y2.73%。
ドル円は102円台半ば。CME14800円程度。

金曜日は大幅上昇となったが、
現物売買代金は2兆円以下と盛り上がりに欠け、
先物は日系大手の一手買いとなった。

注目された週末のG20では新興国経済にも言及、
成長底上げで2%の数値目標も示された。
黒田総裁も、高成長に意欲を示しており、
追加緩和期待は継続しそうだ。

朝の相場を見る限り先週末と変わらず。
G20影響のほどは不明だが、週末の反動も警戒。
14000円台後半での一進一退か。

14800円レベルでIV24%とすると、
1日の動きは概算で220円程度であり、
ここ数日の動きは明らかにIV以上となる。
OP売りに傾けたくないところか......


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-24 08:11 | 雑感

派遣トレーダー2014(7)

週末は雪がきつかった。
ほとんど外に出ず、アパートに引きこもっていた。
日曜日の午後、二日振りに外に出て例の喫茶店に向かった。
うまくもないスパゲティを食いながら、今週の相場を考えた。
先物の大量売りで14000円を割り込ませた某欧州系証券は
既に買戻しを済ませていた。
新興国通貨もまずまず安定だ。
大きな材料が出なければ、急落はないだろうと読んだ。
しかし、上値も追いづらい。
戻りの過程で、商いは大して増加しておらず、
ショートカバーの範囲を出ていないようだ。
日銀政策決定会合も控えているが、
追加緩和の可能性はゼロに近い。
「結局は14000円台のボックスか......」
扉が開き、チンピラ風の男二人が入ってきた。
顔に見覚えがあった。
(田村と話してた連中か......)
男達は少し離れたテーブルに座った。
話し声が、途切れ途切れに聞こえてきた。
「田村は大丈夫かよ......」
「相場は持ち直すとか言ってるが......」
「失敗したら、俺たちまで巻き添え食らうぜ......」
「浅原の野郎は、死ぬまで原発にぶち込むか......」
知らん顔していたが、話から推測すると、
田村が投資の指南でもしているのか。
連中は30分ほどで出て行った。
入れ替わりに、金髪の金井が女連れで入ってきた。
「あれっ......」俺の顔を見て驚いていた。
「こんなところで、何やってんすか」
「週末は、新聞読みに来るんだよ」
「この人、職場の先輩だよ」
高校生のような金髪の少女が、ちょこんと頭を下げた。
「さっき、やばい連中とすれ違いましたよ」
「サラ金の連中だろ」
「知ってんすか」

金井も以前同じサラ金で借りていたが、
社員にはやばい連中が多かったので、他に移ったらしい。
「あいつら、多分ヤクザですよ」
「ここだけの話だけど、田村さんや浅原さんも係わりがあるみたいだ」
「借りたんですね。金利がちょっと低いから......」
その代わり、取立ては厳しいらしい。
「俺のダチも、何ヶ月か船で働かせられましたよ」
船では逃げることができない。
喫茶店を出て家に戻ると、夜までオプションの勉強をやった。
下値不安が和らいだのか、3月のPUTはいずれも利が乗ってきた。
一時悪かったレシオ系もシミュレーション上は、更によくなるようだ。
しかし万一を考えると、クズ化した大外買いを入れると安全か。
「だが、いっそポジションを解消するか......」
大震災の後、証券各社は売り枠を大きく削減してきた。
ポジションを積み重ねるより、いったん軽くして
次回に備える方が良いかもしれない。
その後、過去のIVを調べてみた。
大証HPには出ていないが、大阪大学のHPに
IVインデックスの推移が掲載されている。
また、OP界で有名な個人トレーダーが自身のブログで、
2007年以降の過去データを掲載していた。
そこでは行使価格別のIVが全て掲載されている。
「ここまでやるのか......」と感心した。
外側のPUTのIV推移を見ると、
昨年の上昇相場にもかかわらず高止まりも目立つ。
これはOP売り枠の縮小による影響だろう。
証券会社は、大地震の時、巨額の立替金を余儀なくされた。
今も何か起こると、売り枠をすぐに縮小する。

月曜日と火曜日の午前中は先物売が目立った。
日銀政策決定会合は火曜日昼に終了するが、
「何も出ない」がコンセンサスだった。
しかし、予想に反して銀行の貸し出し枠の拡大、
更に経済が悪い場合の追加緩和まで匂わす会見となった。
発表後、相場は急騰した。
目先弱いと見たショートポジションが積みあがっていたと思われる。
一時14900円まで達する勢いだった。
ドル円も102円台後半まで伸びた。
しかし後が続かない。
再び102円台前半に下落すると先物も売られ始めた。
格言の一つに、薄商いの戻り局面は上値は限定、というものがある。
「どうも、そのようだな......」
現物の追撃買いは、止めることにした。
水曜日は14700円台で膠着したが、木曜日には
1月後半の急落のきっかけとなったHSBCによる中国PMIが
またもや予想以下となり、14400円を割り込んだ。
現物株も総崩れで、押目買いを狙った中小型株も
秋の安値を割り込んでいた。
「難しいな......」
木曜日の夜は、珍しく仕事のグループで駅前の居酒屋に繰り出した。
たまには息抜きにと、会社から金が出たらしい。
自然に浅原、田村、金井と同じテーブルに座った。
金井も最近は、田村から相場について色々と教わっているようだ。
「難解ですねえ......」
この日は金井の顔もさえなかった。
「お前、常に勝つ気なのか」
「当たり前ですよ」
「難しい時でも、思いつきで取引してるだろ」
「......」
「色々考えて、最後はその場しのぎでポジションを持つ......」
「当たってるかも......」

「最悪だな」田村が吐き捨てた。
「きついっすねえ......」
「夜やるんだろ」
「昼は仕事ですから」
「疲れた頭じゃ、ろくな思考が働かないよ」
「そんなもんですか」
「そうだ」
田村はうまいことを言うと思った。
疲れて帰った時、ネットを見ながら相場を考えると、
ネガティブな情報が気になって仕方がないことが多い。
夜間に損切りの注文を出しても、翌朝考え直す場合もあった。
「疲れた時は、やらない方がいいよ」
「はあ......」
金井は分かったような分からないような顔をしていた。
木曜日の夜は下値不安も大きかったが、
米国株はあくまでアジア市場とは無関係だった。
2月PMIの好数値を材料に100ドル近く上昇した。
金曜日の日経平均は、予想以上の買戻しが入り14700円を突破。
麻生大臣によると、週末のG20で
新興国経済や先進国の金融政策も議題になるという。
トラックで聞いたラジオでは、解説者が景気のいいことを言っていた。
「いい加減にしろ......」
期待もあるのだろうが、動きの荒さにはとても付いていけない。
先物主導は今に始まったことではないが、
短期筋の外資ファンド連中も方向が定まらないのだろう。
右往左往しているのは個人投資家と変わらない。
しかし、ドル円は102円半ばで止まり、
依然として上値の重さが感じられた。
ウクライナ通貨の下落もあり、新興国通貨には依然不透明感も漂う。
問題は今夜の米国の動きとG20か。
「難解だな......」
トラックから外を見ると、一面雪景色だった。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-21 10:45 | オプション小説

雑感~膠着模様継続か......

昨夜の米国は低調な1月住宅着工を受け下落。
ダウ-0.55%、NAS-0.81%、TB2.74%。
ドル円は一時102円を割れたが持ち直し。

昨日は14800円を試す場面も何度かあったが、
ドル円は上値が重く抜け切れなかった。
ショートカバーも一巡ということか...

本日は寄り前の現物は外人勢が売り越し。
9:30現在、先物は14640円付近。
14700円からジリジリと売られてきた。

本日は10:45発表のHSBCによる中国PMIに注目。
弱い数字が出るとの思惑もありそうだ。
逆に予想より強い場合、ショートカバーで
再度14800円を目指すことになるか...

しかし上に突き抜けるには、
103円を超えるドル高(強い米国指標が必要)、
消費税引き上げを補完する経済政策、
新興国不安の払拭が必要とされるが、
早期には無理だろう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-20 09:42 | 雑感

雑感~昨日は予想外の踏み上げ......

昨夜の米国市場は大した材料なく小動き。
ダウ-0.15%、NAS+0.68%、TB2.71%。
VIX13.87%、ドル円は102円台前半と円高へ。

昨日は日銀政策決定会合後、急反発へ。
銀行の貸出しを支援する制度と、
追加緩和に含みを持たせたことで、
一時14900円まで達する勢いとなった。
ドル円は102円台後半へ。

何も出ないと見切り、売り方向の参加者は、
まとめて踏みあげられることになった。
市場に閉塞感が出ていただけに、
久々に見る踏み上げ相場だった。

本日は、昨日からやや一服。
先物は14700円台、ドル円102円台前半。
材料次第で、どちらにも振れそうだが、
為替は上値が重く、目先膠着の可能性も。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-19 10:25 | 雑感

雑感~薄商いの中、買戻し先行......

昨夜の米国は休場。欧州株はまちまち。
ES先物はドル円が再び102円に近づき反発、
14500円を超える場面もあった。

本日は寄付前の外資系は650万株買い越し。
昨日と逆になったが、ドル円も102円に乗せ、
14570円まで買われている。

日銀政策決定会合の結果が出てくるが、
サプライズ的な追加緩和はなさそうだ。
1月と同様、発表後は売られる可能性も。

方向感のない難解な展開だが、
薄商いの中での反発相場ということで、
大きな材料なければ上値も限定的か。

10-12月決算も一巡ということで、
欧米中の経済指標に注目も集まるが、
基本的にまだら模様ではっきりしない。
トレンドは作りづらいと思われる。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-18 09:26 | 雑感

雑感~円高方向か......

週末の米国市場は上昇。
ダウ+0.79%、NAS+0.08%、TB2.75%。
アジア、欧州も総じて上昇。
南ア、レアルも落ち着いている。
一方ドル円は101円台のまま。

新興国、米国経済への懸念は継続するが、
イエレン発言きっかけに市場の混乱時は
一時的には収まっている。

ただし米10年国債利回りは上昇しそうになく
ドル円は101円台後半まで落ちてきた。
IMM通貨先物の非金融ポジションは
依然として大量の円売りが溜まっており、
ここが反転すると影響は大きそうだ。

本日は、ドル円が101.50台まで下落。
これを受けて日経平均も14300円台の動き。

米国株、新興国通貨が落ち着いても、
ドル円が円高に動けばダメージは大きい。
上値は期待しづらい雰囲気か......


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-02-17 09:14 | 雑感