<   2014年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

雑感~戻り更新の動きか......

週末の米国市場は上昇。
ダウ+0.36%、NAS+0.11%、TB2.72%。
ダウは16400台つけたが売りに押された。
ドル円は102円後半にジリ高。

QE3縮小、ウクライナ、中国、
そして消費税とネガティブな材料続いたが、
株価、為替とリスクオンの動きへ。
今朝のドル円は102.90台。
とりあえず戻りを試す可能性が高そう。

今週は米国指標、短観など重要指標が多い。
米景気の好調さが裏付けられると、
ドル一段高の可能性はある。

15000円を突破すると、
IVは上げ盛りの可能性も高くなるか。
大きくは14000-16000レンジだろうが、
一度撥ね返された15400円あたりが目処。

4C160あたりは逃げ切れそうだが、
単純なC売りよりは、レシオが良さそう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-31 08:21 | 雑感

派遣トレーダー2014(12)

週末になった。
3/21は日本は祝日で、夜の米国市場も大した動きではなく
NYダウは小幅の下落となった。
ウクライナのクリミア自治州では、
徐々にウクライナ軍がロシアに追われているようだ。
ロシア編入が決まったことで、ウクライナ軍は退くしか道は無い。
欧米も非難はするが、ロシアへの制裁は決して重いものでもなく、
侵略がクリミアに留まるなら、これ以上の緊張は無いかもしれない。
「読みづらいぜ、まったく......」
日本にいたら、日本のマスコミのニュースに頼るしかないのだが、
オバマ声明を要約した文章を読むと、
クリミア以外の東南部にロシア軍が進出した場合は、
欧米の制裁は極度に重くなる。
つまり、クリミア自治州に留まる限り、
今の小康状態に収まる可能性が高いということだ。
市場はそれを見透かしており、米国株の堅調さに現れている。
「警戒しすぎかよ......」
土曜日の午後は、例の喫茶店に3時間ばかりいた。
帰ろうとした時、田村が入ってきた。
「よく会うな......」俺の目の前に座った。
「田村さん、相場は底堅いんじゃないですか」
「3月末は、配当取りやドレッシングで高いと思うが......
 海外で材料が出れば別だな......」
彼も迷っている風だった。
「以前ここで一緒だったチンピラの連中、大丈夫ですか......」
「あんたにゃ関係ないが、相場は多分上がるから問題ないだろう」
「俺もそう思って、バリュー株持っているんですけどね」
「今年は、これまでとは違って年明けに外人が売ってきたからな。
 海外情勢と消費税がでかいよ......」

「アベノミクスはどうなんですかね。
 結局、日銀のバズーカ砲の一発だけじゃないですか」
「そうなんだよな。消費税増税、医療費値上げ、
 それに災害復興という名の公共事業。
 TPPはまとまらないし、昔と大して変わっていない」
「安倍政権も、結局は人気取りの政策しか打てないんでしょう」
「ああ、そう思う」
「でも証券会社の連中は、消費税で景気が冷え込んだら、
 追加緩和が実施されると吹いてますよ」
「元々、自分らの都合の良いことしか考えない連中だよ」
「追加緩和ありますかね」
「6月以降だろう。少なくとも4月と5月の指標を見てからだ」
「なるほど」
「理論家の黒田総裁は、4月に前倒しでやる訳がない」
「......」
帰りながら田村の言葉を反芻してみた。
(4月の追加緩和はないか......)
とすると、次の日銀政策決定会合は5月後半なので、
5月限の外側CALLは用無しということになる。
家に帰って、EXCELのシミュレーションを繰り返してみた。
5CのIVは6Cより、相対的に低くなるかもしれない。
オプションは来月から本格的に始めてみるつもりだった。
様々な戦略を実際の値動きで検証してみたが、
ある程度の傾向は出てきた。
IVの低い時、レシオ系はやられるケースが多い。
安倍政権以降は特にそうだ。
一方で、バック系はツボにはまるかどうかで、タイミングが難しい。
最近はOP売り制限もあって、大外は相対的に高い状態だ。
そうしてみると、やはりカレンダー系が有望だ。
行使価格をずらしたダイアゴナルで、
期近IVが高い時に仕掛けるのが良さそうだ。

月曜日から水曜日にかけて、
方向感は無いが、動きの速い展開だった。
意外に思ったのは月曜日のHSBC発表の中国PMIで、
予想以下にもかかわらず、いったん下落後買い上げられた。
ショートカバーを狙ったような仕掛け的な買いだった。
それは木曜日も見られた。14300円あたりから、
引けにかけて一気に300円以上の急上昇である。
仕事の合間にスマホを見て驚いた。
「訳が分からんな......」
最近の先物は、外資の1社が突出した商いとなっている。
ここまでシェアが高ければ、振り回すことも容易だろう。
オプションも、狭いレンジと思わせつつ一気に300円動かせば、
OP売り勢は踏み上げられてしまう。
ドル円は一時101円台まで落ちた後、102円台に買い戻された。
ウクライナ、中国、消費税と懸念は残るが、
新たな売り材料が出ない限り、下値もたたきづらい。
先物ショート筋は、下がらないと思ったら
タイミングを捉えて買い戻すしかない。
木曜日の寄付きは外資系が560万株の買い越しで、
踏み上げには絶好だったのだろう。
金曜日もこの流れは続いた。
海外はリスクオンに流れ始めており、
豪ドルは95円近くに戻ってきた。
昼飯は金髪の金井と一緒だった。
「助かりましたよ......」
新興国の通貨も反発に転じており、
トルコ円も46円後半まで上昇している。
「何とか利食えそうだな」
「ええ。女を働かせずに済みそうです」
「もう売ったのか」
「46円前半でストップの売り出してるんで、勝ちは決まりですよ」

昼休みは、しばらくスマホで相場を見ていた。
年明け以来売られ続けていた新興市場が、
やや息を吹き返し始めている。
実力以上に売り叩かれていた銘柄の中には、
今日急反発し始めたものもある。
「もう一勝負だな......」
割安と思える銘柄を、いくつか指値で注文を出した。
海外情勢にやや不安もあるが、オプションでヘッジしておけば十分か。
4月の外側を見ると、13000以下は一桁の値段だ。
コスト2-3円でスプレッドを組んだ。
板を見ながら注文をぶつければいいので、数分もかからない。
午後は、一人で軽トラックの荷物運びだった。
空港近くまで行って、荷物を積んで来るだけの楽な作業だった。
「海岸でも通ってみるか......」
トラックで数分行ったところにある病院の脇を抜けて、
海岸線に一番近い道路を通ってみた。
建物も少なく車の通りもほとんどない。
このあたりは10mの津波が押し寄せた。
ひん曲がった松の木が痛々しい。
防波堤は補修されておらず、内側に溜まった水はよどんでいる。
3年前から少しも変化していないようだ。
真横に生えているような木々の間の道を進んでいくと、
ようやく空港の建物が見えてきた。津波の被害を受けたが、
運よく滑走路に飛行機はおらず、不幸中の幸いだった。
この周辺は、空港ビル以外に目立った高い場所はない。
津波が来たのは地震から約1時間後で、
ラジオ放送を聞いて避難して来た人が大勢いた。
スマホを見ると、中小型株が一段と上がってきたようだ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-28 13:59 | オプション小説

雑感~ドレッシング来るか......

昨夜の米国市場は反発。
ダウ+0.56%、NAS+0.18%、TB2.75%。
欧州株も総じて上昇。ドル円102円前半。

米国指標では、ケースシラー指数はほぼ予想並み。
消費者信頼感指数は予想以上となった。
ESでは先物は14300円台後半まで伸びた。

ここからは配当取り、期末ドレッシングの
期待もあるところで、薄商いの中
戻りを試す可能性も出てきたか。

ウクライナ、中国経済と懸念材料はあるが、
新規悪材料が出ない限り、
徐々に戻りを試す展開を想定。

しかし例年通り、5月は警戒すべきか。
現物株は落としにかかりたいところ。
来月後半からは6P大外クズの仕込みか。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-26 08:58 | 雑感

雑感~ショートカバーも上値限定......

昨夜の米国市場は続落。
ダウ-0.16%、NAS-1.19%、TB2.73%。
欧州株は1%以上下落。ドル円102円前半。

昨日は、HSBC発表の中国PMIが予想以下。
発表直後に50円程度売られた後、
後場にかけて200円以上の反発となった。

中国経済テコ入れ観測など出ていたが、
先週後半と同様、ショートの買戻し
と考える方が自然だろう。

クリミア情勢では、ロシア編入後
ロシア軍が自治州以外に進まない限り、
大事にはならないだろうという認識。
欧米もロシア軍が自国内に留まる限り、
強力な制裁を追加しないと思われる。

配当取り、ドレッシングといった材料も
消費税増税の前には色あせて見えるようだ。
外人が消費税を警戒する以上、それを
払拭する指標が出ない限り警戒は続くか。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-25 08:31 | 雑感

雑感~ウクライナ問題晴れず......

週末の米国市場は下落。
ダウ-0.17%、NAS-0.98%、TB2.75%。
欧州株はまちまち。ドル円102円前半。

クリミア半島では、ロシア軍が
ウクライナ軍基地を制圧する動き。
大きな衝突がなければ市場への影響は限定も
リスクオンの動きにはなりそうにない。

また本日はHSBCによる中国PMIが発表される。
この数字には株価は反応するだろう。
大幅に悪ければ14000割れのリスクも。

今週はウクライナ情勢、主要経済指標を
巡って神経質な展開か。しのぎ切れば、
月末ドレッシングへの期待も膨らむが...

為替が100円を割り込む展開にならない限り
14000割れはいったん買いが入る可能性大。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-24 08:37 | 雑感

派遣トレーダー2014(11)

週末、注目されたウクライナのクリミア自治区の選挙では、
圧倒的な多数でロシア編入が決まった。
選挙で決めることは、一見すると問題ないのだが、
数々の問題をはらんでいるようだ。
世界には連邦制を布いている国も多い。
連邦制では相当な自治が認められている。
中には隣の国の住民が、圧倒的多数となるところもある。
属する国から離脱して、隣の国に編入することが、
簡単にできていいものだろうか。
例えば日本が将来、移民の受入れを決めたとして、
対馬に韓国人が来たり、沖縄に大量の中国人が来た場合、
選挙で日本から離脱すると決めたらどうなるのだろう。
その頃米国は、アジアの警察の役割は終えているに違いない。
下手をすれば日本の領土は削られていくだろう。
日曜日の夕方、例の喫茶店でそんなことを考えていた。
「そういえば、田村の日本株運用は大丈夫だろうか......」
チンピラに運用を任されているといっても、
限りなくグレーな資金だ。
恐らく背後には、もっと大物がいる。
大きな損失を出せば、さすがの田村も容赦はされない。
詰め腹を切らされるだろう。
「しかし、来週も難しい......」
問題は、月曜日の市場がどんな反応をするかだ。
仮に反発しても、FOMCで100億ドルが追加削減される見込みで、
新興市場は不安定になりやすい。
3月末は、期末のドレッシングや配当取りで、
一段高と見ていただけに、期待はずれの展開だった。
入口の扉が開いた。
見ると、金井が例の金髪少女を連れて入ってきた。

「こんちわ」
「おう、また来たか」
相場に乗れていないせいか、顔つきは明るくなかった。
「ここで反発してくれないと、きついっすよ」
「ロスカットまで、余裕がないんだっけ」
「トルコリラ46円で買ってて、44円50銭でアウトです」
「何か起これば一発だな」
「ロシア軍も、ちょっかい出さないで欲しいっすよ」
「で、何でトルコなんか買ったの」
「決まってるじゃないですか、金利は付くし、当たればでかいから」
「博打と同じだな」
「まあ、言えてますね」
「ねえ、チョコレートパフェ頼んでよ」女の子がむくれていた。
「うるせえな。ジュースで我慢しろ」
「......」女の子が涙ぐんだ。
「いいじゃねえか、俺が出してやるよ」
「やめて下さいよ。くせになるから......」
俺たちが話す間、女の子は美味そうに食べていた。
「しかし、ウクライナはどうなるんすかね」
「プーチンも馬鹿じゃないから、衝突はないと思うが......」
「ちょっと怖いですね」
「それより、サラ金は大丈夫なのか」
「ええ、なんとか......」
「払えなかったら、どうなるんだい」
「浅原のおっさんみたいに、原発行きですよ」
それはそれで仕方がない。借りたのを返さない方にも責任がある。
「まあ、他にも方法はありますけど......」
「どんな」
「例えば......こいつを働かせるとか」
女の子の方を見た。
「いやよ、あたし......」
「大した仕事じゃねえよ。ミニスカートはいて、酒を注ぐだけでいいんだ」
チンピラ連中は、飲み屋や風俗も経営しているらしい。
「まあ、勝てば全て収まるじゃないか」
俺は店を出た。

月曜日になった。
週末に悪材料を織り込んだためか、相場は反発基調になった。
「これで、金井も一息つけたか......」
半分でも外せれば、ポジションは軽くなる。
元々予想通り行かなかったポジションは、少しずつ外す方がいい。
根拠のない「いずれ戻るだろう......」は日本人の悪いくせだ。
ウクライナ情勢では、軍事衝突は目先は大丈夫のようで、
欧米による制裁も過激なものではなく、
ロシア側も独への燃料供給停止といった措置はとらないようだ。
日経平均は14500円を回復する場面もあったが、
ウクライナは依然不安定で、
中国経済の懸念もあり伸び切れなかった。
そして水曜日夜、FOMCで100億ドルの追加削減が決まった。
これで国債等の買入れ額は550億ドルまで縮小する。
市場の予想通りだが、記者の質問に答えた
イエレン発言が市場に激震を与えた。
「利上げまでの期間はどれくらいか」
に対し、
「そうね。6ヶ月くらい......」
NYダウは一気に200ドル急落した後、100ドル戻して引けた。
木曜日の日本市場も、寄付から売りが先行、
先物は一時14100円付近まで下落した。
「まったく、別の言い方もあるじゃねえか」
イエレン総裁はまずいと思ったのか、その後で
「経済の動向次第よ......」と慌てて修正する場面もあった。
しかし「利上げは、早ければ来年度前半!」のインパクトは強烈で、
勝手に一人歩きしてしまった。
トレーダー連中は、情報端末のフレーズに驚いて、
慌てて売ったというのが真相だ。

金曜日は祝日、仕事も珍しく休みだった。
木曜日夜の米国市場は前日のイエレンショックから立ち直って、
100ドル以上反発した。
考えてみれば、イエレンの利上げ前倒し発言も、
米国の景気見通しを強気に見ている証拠かもしれない。
日本の証券会社の見解は大体そうだった。
しかし、850億ドルのQE3を実施していることは、
それ自体が異常事態であり、
インフレという弊害があるのも事実だろう。
FRBとしては、景気見通しに楽観的というより、
異常事態は早く解除したい意向の方が強い気がする。
朝の相場は、ドル円102円半ば、日経先物CFDは14310円程度。
「小康状態だな......」
天気がいいので外に出てみた。
久々に自転車の乗って、4km程度離れた海岸まで行くことにした。
市内を離れて高速道路の下をくぐると、学校のある集落に出る。
このあたりも7mの津波に襲わ、百人以上の犠牲者が出た。
今では新築の家が立ち並び、新しい町へと変わり始めている。
小さな川を渡ると海岸線が見えてきた。
この辺になると人家はまばらだ。
高台もなく、津波が来たら徒歩では逃げようがない。
少し南に大きな河口があり、そこまで行くことにした。
途中に病院があり、津波では1階が壊滅して犠牲者が数名出た。
今は再開しているが、今度津波が来たらどうするのだろう。
見渡す限り高い場所はなかった。
30分以内に徒歩で逃げることは不可能だ。
「車で逃げれば大丈夫だが......」
肝心の時、マイクロバスが出ていたり、
車の台数が足りないと万事休すではないか。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-21 10:14 | 雑感

雑感~FOMC後は不安定な動きか......

昨夜の米国市場は反落。
ダウ-0.70%、NAS-0.58%、TB2.77%。
ドル円は102円半ばへ。

FOMCでは100億ドルの追加削減に加え、
イエレンFRB総裁の会見では、
利上げ前倒しとの観測が高まった。
米国株は一気に急落した後やや戻して引け。

金利上昇でドル高に振れたが、
米国株は下落となっており、
日本株では判断がやや難しい。
新興市場の株価の反応も気になるところで、
波乱含みと考える方が無難だろう。

一部の言う、米景気が好調なので
世界中の株価にプラス、というのは疑問。
この数年、量的緩和(FRB資産)と株価は
チャートで見る限りパラレルに動いており、
だぶついた金が証券市場に流れたのは歴然。

量的緩和縮小と利上げで、金が引っ込めば、
証券市場から金が引き上げられることになる。
米国株、新興国株は不安定になりやすい。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-20 09:38 | 雑感

雑感~軍事衝突がなければ......

昨夜の米国市場は続伸。
ダウ+0.55%、NAS+1.24%、TB2.68%。
欧州株も続伸。ドル円101.40付近。

プーチン会見が注目されたが、
クリミアがロシア編入されても、
当面軍事的衝突は起きそうになく、
欧米の制裁がさほど強硬でもないことで、
安心感につながったようだ。

欧米も一枚岩ではない。
独は原発廃止をうたっているが、
今は燃料の3割以上をロシアから輸入、
これでは強力な経済制裁は出せない。

日本にしても、安倍政権のうちに
北方領土を解決したい思惑があり、
強硬策はとりたくはない。かといって、
米国に逆らってまでロシア側につけない。

当面は、様子見ムードの強い中、
ジリジリと戻りを試す可能性も。
FOMCでは100億ドルの追加削減が決まるが、
相場には織り込み済みだろう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-19 09:59 | 雑感

雑感~リスクオフムードがやや後退......

昨夜の米国市場は反発。
ダウ+1.13%、NAS+0.82%、TB2.69%、WTI98.03
欧州株も高く、ドル円は101円後半まで。

焦点となったクリミア自治区のロシア編入は、
既定事実として相場は反発の方向へ。
経済制裁、軍事衝突の懸念は払拭できないが、
先週までのリスクオフムードはやや後退。

欧州株、特に南欧株は大幅高となった。
イタリア株は年初来高値を更新しそうな勢い。
WTIも週末から下げ始めており、
急落でざわついていたのは日本株だけか。

これで完全払拭という訳ではないが、
クリミア情勢が急展開しない限りは
徐々に戻りを試す展開だろうか。

IV急騰怖いが4P売りカレンダーで様子見。
ヘッジには4Pベアスプレッドで。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-18 09:50 | 雑感

雑感~先物主導が続きそう......

週末の米国市場は小幅の下落。
ダウ-0.27%、NAS-0.36%、TB2.65%。
ドル円101円前半、クロス円は円が全面高。
ウクライナ情勢巡る懸念でリスク回避が続く。

とりあえず、クリミア選挙で市況がどう動くか。
欧米の経済制裁が強力ものとなれば、
ロシア経済に相当な打撃があると予想。

ロシア側としては、どう妥協するかだろう。
先週後半で、予想される経済性は織り込んだ
可能性もあるが、万一交戦となれば話は別か。

本日は14000円前半の神経質な動きか。
ウクライナ関係のNEWSも飛び込んでくるので、
材料により大きく反応するケースも。

先物主導なので、動きは難しいが、
原油価格の下落から、過剰に反応しているのは
日本株だけのような気がする。

14000円割れは、ディフェンシブ株を仕込みたい。
あるいはIVの上がった大外Pのブルスプレッド、
4Pはレシオで行けるかも知れない。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
[PR]
by nkmrnkmr | 2014-03-17 07:23 | 雑感