人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

派遣トレーダー2015(4)

1月16日は日経平均は一時16500円台まで売り込まれた。
WTIは45ドル前後だ。仏テロの影響もあり
世界的なリスクオフの流れが続く。
週末は相変わらず寒かったが、なんとなく電車に乗ってみたくなった。
最寄り駅から海岸線をしばらく走った。
至る所に津波の傷跡が見えた。
地盤沈下で、ほとんど手付かずの場所もある。
このあたりも20mクラスの津波が襲った。
入江沿いに入ると、海岸沿いは建物が並んでいる。
津波が直撃しなかったため、被害は小さかったようだ。
終着の無人駅を降りると目の前には、その入江広がっていた。
海水は透明で、民家も多く立ち並んでいた。
「津波が直撃しなかったからだろうな......」
しかし、直撃した湾岸は悲惨だ。
この終着駅から、もうひとつ先の駅が終着駅だったのだが、
津波が凄まじく回復に至っていない。
土曜日の昼間だったが、バスでその駅跡まで行ってみた。
さっきの駅と違い海岸沿いは建物が少ない。
地盤沈下もあり、住民も再度の津波を恐れているようだった。
実はここから、さほど遠くない場所に原発が存在している。
従来から老朽化が進んでいるとの指摘もあり、
ビジネス誌の危険度ランクでも上位に位置していた。
しかし、福島原発以上の津波を受けながら、
電源もかろうじて通じたこともあり、事故には至らなかった。
その辺の事情は、立石から何度か聞かされた。
「ここの原発は、地元の電力会社が管轄でさ。
 地元に根付いてたんだ。顔も知ってたから
 津波の時も皆が原発に避難したんだよ」

「へえ、原発内に避難した人もいたんですか」
と俺が聞いたら、
「地元に根付いてたってことさ」
東電の管轄なら、そうは行かなかったという意見もあるようだ。
東電の福島とここの原発の違いは、設置場所の高度だった。
原発は冷却水を必要とするだけに、
海面から高いほど汲み上げるコストがかかる。
低ければコストは小さい。
福島第一はコストを嫌って低くしたとの説があった。
「難しいところだな......」
東電も上場企業である以上、いかに低コストで利益を上げるかが重要だ。
米国のように株主利益に反する行動を取ったならば、
株主代表訴訟を起こす外資系ファンドも出てくるだろう。
逆に安全性を僅かでも軽んじた施策が
今回のような大惨事に繋がるケースもある。
そこの最終駅付近を少し歩いてみたが、
海水の匂いのするひと気のない道路を、時折車が通るだけだった。
先程の入江と違い30mクラスの津波は凄まじい。
ここに住んでいた人達は、数十年は恐れて民家を建てないだろう。
気がめいったので、来る途中に電車から見えた旅館で
一風呂浴びることにした。入江沿いの旅館は眺めがよかった。
ダメもとで女将に「このスマホに出ている料金で泊まれますか」
と聞いてみた。
ちょっと戸惑ったようだったが、「ええ。歓迎しますよ」とのことだった。
そのまま部屋に案内してもらい、改めて海を眺めた。
入江という位置が幸いして、この海岸沿いは被害が少なかった。
ただし、目の前に見える山の奥は太平洋に面していて、津波が直撃した。
「紙一重か......」

晩飯は海の幸を堪能できた。
たまには1万いくらの贅沢くらい良いだろう。
生活費は切り詰めているし、
スマホも旧モデルに格安SIMを差して使っている。
2Gで月千円だけだ。
ネット証券のアプリをダウンロードすれば、
先物OPは一通り取引できる。
この分野は、ずいぶん進歩してきたが、
業者には先物OPがスマホに対応できていないところもあった。
その点、業界首位のSBIはさすがに便利なツールを開発している。
寄付き直後のデータの戻りが遅いのが難点だが......
来週は材料が多い。日銀、ECB、ギリシャ選挙がある。
日銀は、さすがに見送りだろう。
一部で原油安からサプライズの追加緩和を期待する声もあるが、
あくまで少数派だ。黒田総裁は当初から、
緩和は小出しにしないと断言している。
ECBはさすがに量的緩和を導入するだろう。
昨年の秋からそう言っていてきた。
ここで延期したら、債券市場は急落だろう。
その辺の機微は、GS出身のドラギ総裁自身が
良く分かっているはずだ。
問題は、買い入れ対象の国債をどう決めるか、
規模をどうするかの2点である。市場を知っている総裁なら、
失望売りを招く施策は避けるはずだ。
となれば、少なくとも追加緩和を期待させる内容になるのだろう。
ギリシャは不安要因ではあるが、最近の市場の動きでは、
伊・スペイン国債は大きく買われていて、
ギリシャは株も債券も蚊帳の外だった。
徐々に、ギリシャのユーロ退場まで織り込み始めているのだろう。
「とすれば、来週は株価は底入れか......」

次の週が始まった。
相変わらず寒い中を作業していたが、
相場は思った通り上昇してきた。
金曜日には日経平均は1万7500円を回復した。
仕込んでいた現物株も何とか利食えるまで上がってくれた。
そんな時、スマホを見ながら昼飯を食ってると
若造の三浦が寄ってきた。
「神谷さん、株に詳しいそうですね」
「立石のおっさんから聞いたのかい」
「ええ、まあ......」
「あんたは、やったことないのか」
「素人が感覚だけで、やった感じでした」
「少しは勉強しとかないと、勝てないぜ」
「そうですね。上がっていたIT銘柄を買って、大きくやられました」
「バリュエーションで株価が正当化できないような銘柄は、
 利食いと損切りを決めとかないと危ないな」
「調べたんですが、PEGレシオではまだ買えるって出てました」
PEGレシオは、決算毎に数値の大きく変化する指標だ。
かつてITバブルの時に、株価を正当化しようと
米国の専門家が編み出した。
計算式はPERをEPS成長率で割って求める。
PERが30倍で成長率が35%ならば30/35<1でまだ割安。
問題は成長が鈍化した時で、
PEGレシオを背景に買われた銘柄は、間違いなく売られる。
「まず財務諸表の勉強から始めなよ」
「難しそうですね」
「大したことないよ。使う項目は限られるし」
表に出るEPSでは、今期予想にしても大きな特別損益が含まれたり、
正と負ののれん償却や貸倒引当金等の影響が大きかったりする。
情報会社によっても予想は異なる。
「要は、EPSを自分で計算してみることだよ」


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-30 10:28 | オプション小説

雑感~ギリシャ不安継続も日本株は堅調...

昨夜の米国市場は続落。
ダウ-1.13%、NAS-0.93%、S&P-1.36%。
欧州株は独株上昇もギリシャは9%の急落。
TB1.72%に低下、VIX20.44%に上昇。
ドル円は117円台半ば。WTI44ドル台。

FOMC声明では景気判断上方修正で
利上げ懸念から株価下落につながった。
しかし長期金利はリスク回避から低下方向。
アップル好決算も影響は限定的。

昨日は日本株の強さが目立った。
日経にも出たが年金や日銀ETF買いの効果か。
本日は外人790万株の売り越しで、
ETF買いは入るとしても方向性は不透明。

10-12月期の決算発表が続いており、
個別銘柄は振られそうである。
輸出メーカーは円安効果で上振れ期待だが、
エネルギーや内需型はやや懸念も残る。

OPはIV低く売りづらい状況だが、
例年1月は需給が悪くても底割れはない。
相場の下振れでIVが上昇する場面は、
FOTMでのカレンダー系を考えたいが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-29 08:47 | 雑感

雑感~ギリシャ株&ルーブル不安で反落...

昨夜の米国市場は大幅反落。
ダウ-1.65%、NAS-1.90%、S&P-1.32%。
欧州株も一転大幅安となった。
TB1.83%と変わらず。VIX17.22%に上昇。
ドル円は117円台後半。

ギリシャ株が大幅下落。
アテネ指数は銀行株中心にー3.7%。
ルーブル安も加わり欧州株が売られた。

ESでは円高・欧州安で一時17500円まで下落。
ダウは一時400ドル安も、引けにかけやや戻した。
先日までの楽観ムードから一転した印象。

早朝発表のアップル決算は予想より上ブレで、
ダウ先物も70ドル程度上昇している。
本日の日経は17500-17750あたりの動きか。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-28 09:08 | 雑感

雑感~世界的な株高の流れか...

ECBの量的緩和から欧州株は3日続伸、
米国も小幅の上昇となった。
ダウ+0.04%、NAS+0.30%、S&P+0.25%。
TB1.83%、VIX15.52%まで低下してきた。
ドル円は欧州時間で円安が進み118円台後半。

ユーロ国債は昨日も低下が続いている。
伊債は1.4%台、スペインは1.3%台へ。
バブルにも感じられるが、株式市場も好感で
ギリシャ以外はほぼ全面高の展開。

日本市場もようやく底入れの兆候。
円安と世界的な株高で17600円台へ。
当面は戻りを試す展開だろう。

ただし10-12月決算発表の時期でもあり、
個別株は意外と振れやすい。
日本電産のようにアナリスト予想に達しない銘柄は
売られる可能性が高そう。

callボラが下がっていたので、
上げ盛に転じる可能性に注意か。
callレシオは上昇一服後が良さそう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-27 09:07 | 雑感

雑感~ギリシャ選挙は急進左派が圧勝...

ECBによる量的緩和の余韻からか、
欧州株は大幅に続伸。米国はまちまち。
ダウ-0.79%、NAS+0.16%、S&P-0.54%。
独債は0.3%台、伊債は1.5%まで低下。

そして25日のギリシャ選挙では
急進左派が予想以上の圧勝に終わった。
8:15現在、ドル円117.60-70、日経CFDは17350円。
豪ドル円は92円台、WTIは45ドル台とリスクオフの動きへ。

欧州市場中心に緩和マネーが
株式相場を押し上げている中で、
ギリシャのユーロ離脱問題がくすぶりそう。

今夜の欧州市場を警戒して日中は神経質な展開か。
17000円台前半は押し目買いなのだろうが、
ギリシャ情報次第では下に振れる可能性も。

今週はFOMC、米指標、ギリシャ情勢もあるが、
日本企業の10-12月決算も出てくる。
個別株は振れやすいだろう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-26 08:28 | 雑感

派遣トレーダー2015(3)

週末は3連休だった。
年末年始からまだ1週間だが、やはり5日間も働くと疲れが残る。
外は依然として雪混じりで異様に寒い。
以前のようにアパートの近くに喫茶店もないし、
土曜日の昼に駅の近くの寂れた食堂に行った。
うどんや蕎麦程度で大したものはないが、
新聞が何紙かおいてあった。経済面では原油下落の記事が多い。
急落の原因はOPECが減産しなかったことだが、
需給が悪いことも重要だ。
かつて2008年に150ドル付近まで上昇したが、
リーマンショック後に一時40ドル割れまで売り込まれた。
今回は当時よりファンド勢の多大な買いポジションが溜まっている。
うまくない蕎麦をすすりながら、
「これは、家に帰って調べてみる必要があるな」
他では、フランスのテロに関する記事が多い。
仏はかつてアフリカや中東に植民地を持ち、
今でも中央アフリカ等かつての植民地で
政治的に不安定な国に軍隊を派遣している。
当然、政治的な係わりも多く、
亡命政権の多くは仏国内に拠点を持っている。
当たり前だが外人(特にアフリカ系)も多い。
日本はフランスといえば優雅な文化国を想像するが、
実際は警備体制も厳しく興ざめしたという話も聞いたことがある。
平和ボケした日本人には、かなりギャップを感じる国の一つだ。
ユーロ内では独に続く経済大国だが、失業率は10%を超えている。
アフリカ系や中東系に限れば、もっと失業者は多いはずだ。
不満を持つ若者が社会に絶望して、
イスラム国に加わる気持ちは分からないでもない。

冷たい風の吹く中でアパートに戻った。
早速、原油先物の建玉動向を調べることにした。
NY原油先物の大口投機玉は昨年6月末に約45万枚のピークを付け、
その時100ドル以上の高値をつけている。
そこから一方的に価格と買越し枚数が双方下がり続けていた。
今では価格は50ドル割れで、買越しは28万枚程度だ。
しかし、2008年のリーマンショック前よりも建玉は多く、
いずれ戻るとしても売りをこなしながらだろう。
「これは当分戻らないか......」
グローバルマクロ型のヘッジファンドも、気が気ではないだろう。
1年前は、独国債買vs南欧国債売、中国株売りvs東南アジア買い、
資源買い、というポジションがまだ主流だったと思う。
11月末、12月末といった決算期を経て
ファンドのパフォーマンスは悪いものも少なくなさそうだ。
とすれば、パフォーマンスに神経質な投資家は運用成績を見て、
次回改善しなければ解約売りを出すことになる。
それが12月から1月にかけてのポジション修正伴う南欧国債買い、
中国株買い、原油売りにつながった面もありそうだ。
「奴等がポジションを修正した後が面白そうか......」
1月後半から買って、売りは決算の出始める4月末、
と考えるのが妥当かもしれない。
週末を使って、バリュー株を調べてみた。
低PBR、低PERは2012年に比べてさすがに少なくなっている。
PBRが1以下、PERが10以下の銘柄は、
不動産系や資源系等の先行きにやや不安のある業種が多い。

総合商社あたりも、PERが低くて魅力はありそうだが、
世界中で資源投資を行っていてこの資源安の流れでは、
大きな特損を食らう可能性がある。
原油が反発すれば、JX等のエネルギー系も良いのだろうが、
当面原油が安い状態が続きそうな予感がする。
「なかなか、難しいな......」
それでも割安と思える中小型株を2-3選び、
週明けに注文を出すことにした。
問題はオプション市場だ。指数は売られてはいるが、
来期予想EPSを考えると、反発に転じる可能性は高い。
しかし、翌週は日銀、ECB、ギリシャ選挙と材料も多い。
ポジションを傾けるのは、その次の週からだろう。
13日の週は一進一退が続いた。値幅も大きく、
デルタを傾けるのはタイミングも重要だった。
そして市場を驚かせる出来事が起きた。
スイス中銀のユーロリンク廃止である。
その発表は突然だった。
スイスフランは対ユーロで3割以上の暴騰、市場は大混乱となった。
SF売りのポジションを持っていたファンドやFX個人投資家の
ロスカットが殺到、業者には大きな損失を抱え込むところも出た。
FXCMは2億ドル、米シティは1.5億ドルの損失と発表されている。
日本ではマネックスが1億円台の損失を計上した程度だが、
ニュージーランドでは破綻した業者も出た。
これは低金利のSF売りと高金利のNZD買いが流行していたためか。
ニュースを追っていくと、ユーロ圏では
低金利のSF建で住宅ローンを組むケースも多いらしい。
これだとSFが対ユーロで3割上昇すれば、
返済金が3割増しになってしまう。

「かつてのアイスランドと同じじゃないですか......」
前の職場の同僚でFX好きの若造からメールが来た。
アイスランドは2008年の金融危機の際、
国内銀行の巨額投資が災いしてデフォルトの危機に見舞われた。
アイスランドクローナは対ドルで半値以下、対ユーロでも暴落。
当時のアイスランドでは国内の高金利を嫌い、
ユーロ建で住宅ローンを組むことが流行、大問題に発展した。
「安易に金利に魅せられるからだ......」
金融に詳しい田村がよくそう言っていた。
「低金利で借りて高金利で運用するなんて投機筋だけだ」
リスクオンの時期ならば、利回りの高い投資先を求めて
高金利通貨買いが流行する。
しかし、高金利通貨は問題のある国も多い。
高金利政策で投資資金を集めていたアイスランド、
高インフレのブラジル・トルコ・南ア等だ。
世界的なリスクオフや国内事情が発生すれば、
叩き売られるリスクもはらむ。
「よほどのタイミングじゃないと買えねえな......」
その週はスイスフランの問題も起きたが、
ユーロリンク廃止と同時に利下げも行ったため、
欧州株は大きく上昇することになった。
現場の仕事は適当に済ませ、夜は銘柄探しや分析に使った。
オプション市場では、年明けの急落や来週の日銀会合、
ECB、ギリシャ選挙もありOP売りに傾けづらい。
が、どうしても売るとすれば大外の3Cか。
少なくとも、追加緩和は委員が1人交代する春以降で、
3月SQまでに20000円に達する可能性は限りなくゼロに近い。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-23 10:33 | オプション小説

雑感~ECBへの期待が強すぎるか...

米国は上昇、欧州株も一段高へ。
ダウ+0.22%、NAS+0.26%、S&P+0.47%
WTIは47ドル台へ上昇、VIX18.94%、
TB1.86%、ドル円は117円台後半。

上海は5%近くの大幅上昇。
先日の暴落はほとんど取り戻したが、
日本株への影響は限られたようだ。

ESでは117円台前半まで円高が進み、
17100円台前半まで売られたが、
為替が117円後半に戻ったことで
再度17300円付近に戻った。

今夜のECB結果に注目が集まるが、
最高値を更新している独株価や
1.6%まで買われた伊・スペイン国債を見ると
一段と急騰するような政策が出るかどうか。

GS出身で市場に精通したドラギ総裁なら、
期待だけで過剰に反応している市場には
大盤振る舞いはやらないかもしれない。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-22 06:36 | 雑感

雑感~今度は米系が先物を大幅買い越し...

米国は小幅上昇、欧州株は続伸。
ダウ+0.02%、NAS+0.44%、S&P+0.18%
WTIは46ドル台、ドル円は118円台後半へ。
欧州株は量的緩和期待で続伸。上海も反発。

一昨日の欧州系A社に続き、
昨日は米系C社が日経先物5000枚の買い越し。
ESでは17500円付近まで上昇した。

日銀、ECBに注目されるが、
さすがに日銀は見送りの公算が高いが、
1時過ぎまで何も出ないと思惑買いもでそう。

ECBは今回こそ量的緩和を出してくるが、
対象国債とその金額で評価が分かれそう。
伊国債が1.6%台まで買い進まれているだけに、
債券・株いずれも反落の可能性も。

昨日はさすがにcall側IVも反発。
年率20%のボラでは1日のレンジは220円程度。
最近の動きではそれを上回る日も多く、
20%に近づく場面では売りに傾けたくない。

来期日経平均の予想EPSは1200-1300円程度。
PER14-15とするとレンジは16800-19500円で、
3月末は18500円程度まで警戒したいところ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-21 10:31 | 雑感

雑感~材料前で神経質な展開...

昨日は米国は休場、欧州株は上昇。
WTIは47ドル台、ドル円は117円台後半に上昇。
上海株が一時8%を越える急落も、
日本株への影響は限定。

日銀、ECB、ギリシャ選挙前で調整色も強い。
その中で欧州系A社が先物を大きく買い越し。
同社は下げ相場を主導した1社であり、
材料前の買戻しor買い転換かはやや不明。

何だかんだで独株は高値を更新してきた。
ユーロ安が輸出にプラスとの思惑で、
SF騒動は買い材料となった感もある。

ユーロ圏は不安もあるが伊国債が1.7%を割込み
過剰流動性相場は続いている。
信用不安さえ起こらなければ大丈夫だろう。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-20 09:29 | 雑感

雑感~FX業者損失拡大か...

週末の米国は反発。
ダウ+1.10%、NAS+1.38%、S&P+1.32%
WTIは48ドル台、VIX=20.95、
TBは1.84%、ドル円は117円台回復。

先週のスイスフランの急変で
FX業者に大きな損失が出ている模様だ。
米大手FXCMは顧客に200億円以上の損失、
日本のFX業者の株も軒並み大きく売られた。

SF売りのポジションを抱えた参加者の
ロスカットも巻き込んだ動きだが、
稀に見る大きな動きだったため、
巨額の損失に発展したようだ。

ただし、欧州株は一時的な急落の後、
連日大きく上昇しており株価にはプラスだ。
金曜日の日本株の下げ&円高は、
米企業10-12決算への警戒が主因である。

とりあえず17000円台からの開始だろうが、
日銀、ECB、ギリシャ選挙と材料が目白押し。
大きく買い上げられる状況にはなさそうだ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-01-19 08:20 | 雑感