人気ブログランキング |

<   2015年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

雑感~国民投票で緊縮案受入も...

昨夜は欧米市場もさすがに大幅安。
ダウ-1.95%、NAS-2.41%、S&P-2.07%。
TBは2.33%、ドル円は122.50-60。
WTI=58.27、VIX=18.85%。

大幅安となった昨日は、ETF買いもあり、
一時20300円台まで戻す場面もあったが、
引けにかけ20100円レベルに沈んだ。
IVも期近を中心に急騰。

欧州市場は軒並み3-5%の急落となった。
最も注目されるのは伊、スペインだが、
株価は4-5%急落も、国債利回りは2.3%程度で、
意外と落ち着いている印象。

ギリシャ国民選挙で緊縮策受入となれば、
6/30のIMFへの支払は不可能としても、
国債償還までに何らかの合意も可能か。

しかし今週は米指標や短観等材料も多い。
本日も方向感のない荒い展開が予想され、
OP売りは控えたいところ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-30 06:56 | 雑感

雑感~グレグジットが現実的に、目先は波乱か...

週末の米国市場はまちまち。
欧州はギリシャ問題合意期待で小幅高。
ダウ+0.32%、NAS-0.61%、S&P-0.06%。
TBは2.47%、ドル円は123.80-90。
WTI=59.65、VIX=14.02%。

週末にチプラス首相は7/5の国民選挙を宣言、
一方ユーロ側は30日までにまとまらなければ
月末をもってギリシャ支援を終了と通告。
グレグジットが現実味を帯びることに。

最終的にまとまるのか?
ギリシャ政府が月末までにユーロ側に屈すれば、
支援システムの延長は何とかなりそうだが、
国民からは完全に信用をなくすだろう。
電撃的な合意はどうやら難しい。

本日の市場は波乱となりそう。
早朝の為替市場では、ドル円122円台、
ユーロ円は134円台まで売られている。
日本株も大きく売られる見込み。

欧米がどこまで反応するか予断を許さず
安易な押し目買いやPUT売りは避ける方が賢明。
相場が反発し始めてからでも間に合う。
ガンマ・ベガはプラスか少なくとも
フラット近くに戻す方が良さそうだ。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-29 06:52 | 雑感

雑感~反落も底堅い動き。週末は波乱も...

昨夜の米国は小幅の続落。
ギリシャ問題は合意持越しへ。
ダウ-0.42%、NAS-0.20%、S&P-0.31%。
TBは2.41%、ドル円は123.60-70。
WTI=59.66、VIX=14.01%。

欧州市場はまちまちの動き。
ギリシャとユーロ側は隔たりが埋まらず
合意は延期へ。最終期限は日曜日となる。

ES日経は底堅い動きでCMEも20700円台。
ギリシャ問題は最終合意の可能性高いが、
万一決裂となれば、少なくとも月曜日の
上昇以前の状態に戻るということか。

依然としてcallのIVの低さも目立つ。
万一の波乱も考えて、call買い先物売りか。
IVが相対的に高いput買い+先物買いよりは
call買い絡みの方を推奨。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-26 06:18 | 雑感

雑感~ギリシャ議会は通過するのか...

昨夜の米国は反落。
ダウ-0.98%、NAS-0.74%、S&P-0.72%。
TBは2.37%、ドル円は123.90-00。
WTI=60.22、VIX=13.26%。

欧州株も小幅の反落。アテネ指数は-1.8%。
ユーロ財務相会合は、たった1時間で終了、
今夜継続されるということだが、やや疑心も。

それよりギリシャ議会において、
ユーロ側に示した妥協案が通過するのか。
肝心の国内で承認されないのならば、
内閣総辞職、選挙となるのか。
欧米市場の反落は、その懸念による。

ギリシャの左翼政権では極左分子もいて、
かつて日本にもいた「資本主義が崩壊して、
暗黒の時代が来て初めて、革命が起きる」
の信奉者もいるのだろう。あくまで少数だが
ユーロ離脱、デフォルトは歓迎するクチだ。

しかし、ギリシャの大多数の国民は、
経済が大混乱するのは避けたいはずだ。
紆余曲折を経て、何とか妥協する流れか。

相場の下振れリスクは残るものの、
下値不安の少ない内需系現物株の押し目買いが、
先物買いやOPデルタロング系よりベターか。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-25 07:09 | 雑感

雑感~急反発もIV盛り上がらず...

昨夜の米国はギリシャ問題楽観ムードで続伸。
ダウ+0.13%、NAS+0.12%、S&P+0.05%。
TBは2.41%、ドル円は123.90-00。
WTI=61.14、VIX=12.11%。

欧州株も続伸で、アテネ指数は+6%。
伊・スペイン国債利回りは2.1%程度。
完全なリスクオンの流れとなった。

メルケル首相は「精査が必要」と慎重姿勢だが、
他の要人発言では、決裂の可能性低く、
市場は週内の合意をほぼ織り込みか。

では、21000円を突破して大きく上昇か?
7-8月callのIVを見ると、21000円台後半から
22000円台は14%台という低さで、
先高感が強いともいえない状態である。

先物&信用売りが溜まっていたので、
あくまで買い戻し中心の踏み上げによる
鋭角的上昇と見るのが自然か。

とはいえ、低IVの7,8月callは売りづらい。
売るなら9C大外あたりか...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-24 07:01 | 雑感

雑感~ギリシャ問題は「週内合意を目指す」...

昨夜の米国はギリシャ問題の進展期待で反発。
ダウ+0.58%、NAS+0.72%、S&P+0.62%。
TBは2.38%、ドル円は123.30-40。
WTI=60.01、VIX=12.74%。

22日に開かれたユーロ首脳会合では、
ギリシャが提出した改革案をベースに
週内の合意を目指すと伝わり欧州は大幅高。
独・仏・伊等の株価は軒並み3%以上の上昇。
アテネ指数は9%の急騰となった。

日本時間の午前中に、ユーロ首脳陣の
ギリシャ案に対する好意的コメントが伝わり、
日本株はフライング気味に20500円台まで買われた。
先物や信用売りの買い戻しが主導したようだ。

IVはcall安、put高が目に付いていたが
下がりきっていたcall側のIVも反発。
近めの売り手は、さすがに買い戻したか。

とりあえず戻り高値の更新が目標だが、
米国市場、ドル円の動きが焦点か。
中国市場の混乱も気になるところで、
一気の21000円乗せはなさそうだが...


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-23 07:05 | 雑感

雑感~今夜ユーロ圏緊急首脳会合...

週末の米国市場は反落、
ダウ-0.55%、NAS-0.31%、S&P-0.53%。
TBは2.26%、ドル円は122.70。
WTI=59.38、VIX=13.96%。

ギリシャ問題は今夜の首脳会合で協議。
いきなり決裂はないのだろうが、
暫定的な合意の可能性もどうやら低い。

焦点の年金問題はバルファキスに代わる交渉役が
「削減は×だが、改革は可能」と発言したことで、
調整は可能かもしれないが、時間もかかりそう。

とりあえず、本日も方向感のない展開か。
週末比マイナス圏ではETF買い観測から、
後場にかけて上昇する可能性も。

ユーロ首脳会合の内容が伝わるのは未明。
IVは高止まりだろうが、callは既に低いレベル、
putは相場下ブレの可能性もあることで、
どちらも売りづらい。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-22 07:32 | 雑感

雑感~米国株続伸、22日にユーロ圏緊急首脳会合...

昨夜の米国市場は続伸、
ダウ+1.01%、NAS+1.34%、S&P+0.98%。
TBは2.34%、ドル円は122.90-00。
WTI=60.45、VIX=13.19%。

注目されたユーロ財務相会合では、
交渉まとまらず22日に緊急首脳会合開催となった。
欧州株は引けにかけてプラス圏へ。
アテネ指数は680ポイント台で小幅反発。

昨日の日経平均は20000円割れ。
ESではドル円が122円台に下落したことで
一時19900円付近まで下げたが、
米国株上昇もあり20100円台で終了。

ギリシャ問題は継続しており、
本日は円高もあって戻りも限定的か。
状況が流動的であり、月末から7月に掛けては、
ガンマ・ベガロングを推奨したい。

仮にデフォルトとなれば、
世界的に金融市場が揺らぐ可能性があり、
そうなれば日銀の追加量的緩和、
米国の利上げ先送りが濃厚となる。

日銀は国債需給が逼迫しているので、
購入債券の対象の拡大や、付利の撤廃、
ETF購入の拡大が予想される。
OPよりも現物株の押し目買いが分かりやすい。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-19 07:07 | 雑感

雑感~米国株続伸、アテネ指数は700割れ...

昨夜の米国市場はFOMC通過で小幅続伸、
欧州株は下落、アテネ指数は700割れで安値圏へ。
ダウ+0.17%、NAS+0.18%、S&P+0.20%。
TBは2.31%、ドル円は123円半ば。
WTI=59.75、VIX=14.50%。

FOMCでは景気持ち直し、年内利上げでも
市場が耐えられるとの認識が示された。
しかし、TB利回りは2.31%のまま反応せず、
株価も上昇は限定的となった。

ギリシャ問題は合意には程遠いようで、
アテネ指数は700ポイントを割り込み、
年初来最安値付近まで売り込まれた。
18日のユーロ財務相会合でも合意は難しい。

合意しない場合の可能性として、
6月末のIMFへの未返済が即座にデフォルトに該当
との見方は少ないようだ。ただし、
7月の国債償還が滞るとデフォルト確定となる。

その後のパターンも、デフォルト&ユーロ離脱せず、
デフォルト&ユーロ離脱などいくつかあるようで、
現状では道筋は決まっていない。

最終的に国民の選挙で決めるとしても、
その間の借入返済や国債償還はどうするのか、
選挙だからといって待ってくれるものではない。

現状では、先行きが不透明であるが故、
本日も方向感の無い展開だろう。
前場安ければETF買いが入るため、
意外と下げない可能性はある。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-18 06:23 | 雑感

雑感~欧米は急反発も、懸念継続で上値重そう...

昨夜の欧米市場は売り込まれた後に急反発。
ダウ+0.64%、NAS+0.52%、S&P+0.56%。
欧州株は-2%から引けにかけプラス圏へ。
TBは2.31%、ドル円は123円半ば。
WTI=60.01、VIX=14.81%。

ギリシャ不安が依然として継続する中で、
9月以降の利上げのタイミングを巡って
米FOMCでの声明に注目が集まる。

本日はCMEに鞘寄せされる形で反発も、
外人も360万の売り越しであり、
上値は相当重いと予想される。
プラス圏ではETF買いも期待しづらい。

IVが緩んだ場面では、大外の7P買いか。
28日のユーロ財務省会合では、
ギリシャ破綻観測が一段と強まる可能性も。


<免責に関して>
当掲載内容には十分注意を払っておりますが、
内容の誤り及び情報に基づいて被ったいかなるトラブル、
損失、損害については、当方は一切の責任を負いません。
ご利用は、自己の責任において行われるものとし、
当方は一切の責任を負いません。
なお、掲載した情報は予告なく変更、中断、中止することがあります。
予めご了承ください。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村
by nkmrnkmr | 2015-06-17 08:52 | 雑感